海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

巨大飛行体の全体像が明らかに!SF感動作『メッセージ』日本版予告編

アカデミー賞8部門ノミネートを初め、世界中で驚きと称賛をもって迎えられたSF感動作『メッセージ』(5月19日日本公開)の日本版予告編が解禁。突如やってきた巨大飛行体の革新的なビジュアルと、名女優エイミー・アダムスの感動ラストを予感させる演技との、ギャップが衝撃的な映像となっている。

今回公開された映像では、エイミー演じる言語学者ルイーズが巨大な球体形飛行体で出現し“彼ら”とコンタクトをはかる様子が映し出される。斬新すぎて思わず笑ってしまいそうな飛行体の見た目に加え、墨のように漂う表意文字の“メッセージ”には目を奪われてしまう。しかし観客にとって更なる衝撃となるのは、彼らの“メッセージ”の謎を理解した時、“号泣必至の感動ラストが待ち受ける”というギャップなのだ。奇妙なビジュアルでありながら感動作というギャップについて、世界の有力誌は「宇宙という壮大なテーマの中で、人間の哀しさを漂せ、内面に問いかけてくる」(ヴァニティ・フェア誌)、「時、記憶、人との関わり、そして生と死に対する考え方をすっかり覆させる、ヒューマニティあふれる感動的SF」(ロサンゼルス・タイムズ紙)と評している。

そしてそのギャップの魅力をさらに際立たせてくれるのが、実力派女優エイミー・アダムスの演技。予告編冒頭で「人生の転機は突然やってくる」というセリフと共に見せる彼女の涙は、その一瞬だけで観客の心を鷲掴みにし、胸を打つ。本作のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督も、「アダムスは深みと美しい脆さとあふれるほどの人間性をルイーズに与えてくれた。僕が求めていた絶望感もね。彼女からは、“もう失うものは何もない女性”なんだと感じられ、それが見ていて悲しくも美しいんだ」と、感動作たる由縁は彼女にあるとも説明している。

さらに予告編では、巨大飛行体の全体像も新たに明らかになった。<海の上で縦型にひっそりするもの>、<街の上空で横たわるもの>、<夕日をバックに斜めになるもの>など、飛行体は様々な姿を見せている。

■『メッセージ』
2017年5月19日日本公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)