海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

愛の物語が名曲とともに動き出す!『美女と野獣』日本版本予告

世界中で愛され続けている「美女と野獣」が最高のスタッフとベル役にエマ・ワトソンを迎えて全世界待望の実写映画化!本作の日本版本予告が解禁となった。

今回の本予告編で注目すべきは、新しく生まれ変わった珠玉のラブソング“美女と野獣”。人気急上昇中の世界の歌姫アリアナ・グランデとグラミー賞10度受賞の経歴を持つシンガーソングライター、ジョン・レジェンドという実力派の二人が強力タッグを組み、実写版『美女と野獣』を煌びやかに彩る楽曲を完成させた。数多くの人気アーティストとの共演経験があるジョンだったが、実はアリアナとは今回が初。『美女と野獣』での夢のデュエット実現に「これは運命だと思う」と喜びを明かしている。この楽曲が使われた本予告編ではアリアナとジョンのパワフルな歌声が、実写版ならではの美しい映像世界とあいまって、ベルと野獣の愛の物語を一層ドラマチックに引き立てている。

有名なダンスシーンで使われるこの楽曲は煌びやかな映像の印象が強いが、ここではお互いを意識し始めたベルと野獣が一気に距離を縮め、楽曲が終わる頃には心通じ合う大切な存在にまで進展しているという、ディズニーきっての珠玉のラブソング。甘美なメロディ・ラインとストーリー展開が見事に融合したアカデミー賞受賞も納得の楽曲なのだ。今回も、イギリスの大女優エマ・トンプソン(ポット夫人)が歌う劇中バージョンとアリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドのデュエットバージョンを劇場で楽しむことができ、ますます映画公開が期待される。

主人公ベル役には、エマ・ワトソン。また、ベルとの出会いで次第に心を開いていく醜い野獣役には、ダン・スティーヴンスがキャスティングされた。2人に加え、ルーク・エヴァンス(ガストン役)、ユアン・マクレガー(ルミエール役)、エマ・トンプソン(ポット夫人役)、イアン・マッケラン(コグスワース役)など、絢爛豪華な実力派スターが集結している。

■『美女と野獣』
(c) 2016 Disney. All Rights Reserved.
2017年4月21日(金) 全国公開

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)