海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

エディ・レッドメインがJ.K.ローリングに物申す?インタビュー映像到着

世界中を魅了しつづける「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(日本公開中)。主演のエディ・レッドメインとキャサリン・ウォーターストンがまるで劇中で演じたキャラクターのまま飛び出してきたかのような掛け合いや、エディがJ・K・ローリングに不満を爆発させる一幕に注目のインタビュー映像が到着した。

エディ演じるニュートは、おっちょこちょいで人見知りの魔法動物学者。ある日、彼のトランクから魔法動物たちがニューヨークの街に逃げ出してしまった!キャサリン演じるティナは、かつて闇祓いだったが、感情に流され、無断で魔法を使い、職務を逸脱したことで、単調なデスクワーカーに降格された。捜査官としての地位に復帰したいと望むあまり、ニュートという名前の魔法使いの行く先々に現れるようになる。この度到着した映像では、エディが一生懸命、本作と「ハリー・ポッター」シリーズとのつながりを説明すると、キャサリンが「要点を手短にまとめてちょうだい」と突っ込みを入れる一幕も。まるで、映画のキャラクターが飛び出してきたかのようで、エディはニュート、キャサリンはティナそのものだ!
 
更に、発情期の巨大な魔法動物エルンペントをトランクにおびき寄せるためにニュートが行った“求愛ダンス”について、エディは「書くのは簡単だけどやる方は大変なんだよ」とJ.K.ローリングに対し不満を漏らした。続けて「撮影ではものすごく恥ずかしいダンスを披露した。あの映像が流出したら俳優生命は終わりだ。というか社会的にも終わるだろうな」と顔を赤らめた。このシーンの撮影における役作りについても語っているから要注目だ。

■『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
日本公開中
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)