海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

新たな恋の予感『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』予告編

恋に夢中だがキャリアも大事という崖っぷちアラサ―大人女子を描き、「幸せになりたい!」と奮闘する姿が世界中の女性たちの心を掴んで一大ブームとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ2作から11年。あれからブリジットはどうなったのか!?その答えを描く待望のシリーズ3作目『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(10月日本公開)の日本版予告編が解禁となった。

予告映像は、アラフォーになったブリジットのセリフとともに、彼女が幸せに満ちた表情で友人達に囲まれながらバージンロードを歩くシーンから始まる。結婚はブリジットの妄想だったようで、「そうなると思ってた」というブリジットの一言で一気に現実に!現実ではいまだに独身のブリジットは、孤独を感じることもあるようだが、テレビの敏腕プロデューサーとして活躍する元カレのマークとは良好な関係を築いており、独身を謳歌している様子。映像にはパトリック・デンプシー演じる魅力的な男性・ジャックとの出会いのシーンも収められ、新たな恋のはじまりも予感させる。2人の男性の間で揺れ動くブリジットだが、彼女にとってサプライズすぎる出来事が発覚する。ブリジットの最後のモテ期はどうなるのか?

再びブリジット・ジョーンズを演じるのは、『コールド マウンテン』でアカデミー賞を受賞したレネー・ゼルウィガー。イケメンな恋のお相手マーク・ダーシー役には、前作に引き続き、コリン・ファース。そして今回、新たにこマークの恋のライバル、ジャック・クワント役にドラマ「グレイズ・アナトミー」で女性ファンを増やしたパトリック・デンプシーが、さらにはアカデミー賞を受賞したエマ・トンプソンも出演する。

■『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
10月 全国ロードショー
(C)Universal Pictures

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)