海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ハリウッドで活躍する俳優が恋人に笑いと感動のプロポーズをする動画が話題に

ハリウッドで俳優・監督として活躍するジャスティン・バルドニが、恋人で女優のエミリー・フォックスラーにプロポーズをした時の27分の動画を先月公開した。

ジャスティンがエミリーにプロポーズしたのは今年4月13日。彼はプロポーズをするために、2人の初めてのデートの場所である「ブル・ジャム・カフェ」にエミリーを呼び出した。彼は遅れていくから、少し待っていてほしいと連絡。エミリーがレストランに到着して座るとテレビの画面にジャスティンの姿が現れた。彼は映像の中でプロポーズをしたいと語り、スペシャルなものにしたいので、たくさん考えたと明かした。ジャスティンはラジオ番組に出演して伝えようとしたり、俳優仲間たちとミュージックビデオを作ったり、流行のフラッシュモブでダンスをして伝えようとしたりとありとあらゆるプロポーズを考えたが失敗したという映像を流した。それは短編映画のようになっており、ようやくエミリーの待つレストランに向かうというものであった。

ジャスティンの家族も参加し、エミリーのもとに到着すると涙ながらに「君は僕をより良い男性にしてくれて、より良い息子にしてくれて、より良いブラザーにしてくれて、より良い友人にしてくれる。君にとってお母さんは大切なのが分かっているから、スカイプで呼ぶよ」と言って、エミリーの母を連れて来た。そして、「僕は君と人生を共にしたい。僕をここまで良い人間にしてくれる人に出会ったことがないんだ」「それからもう1つ、君のお父さんがここに来れないことは分かってる。でも、彼が見てくれているって分かっているよ」と話し、エミリーのお父さんのお墓に結婚の許しをもらいに行ったという映像を見せた。ジャスティンはひざまづき、「結婚してくれますか?」と光る指輪を見せて、尋ねた。エミリーは「バカな質問だわ。イエスよ」と答えてキスをした。

2人は今年7月に結婚式を挙げて、正式な夫婦となっている。こんな夢のようなプロポーズは多くの女性のあこがれだろう。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)