海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ドラマ「ハウスオブカード」で共演のロビンライトがケビン・スペイシーについてコメント!

ロビン・ライト

ロビンライトがセクハラ疑惑のケヴィン・スぺイシーについてコメント
(c)ImageCollect

セクハラ疑惑が問題になっているケビン・スペイシーについて、Netflixのオリジナルドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」で妻役を演じていたロビン・ライトがコメントした。

ロビン・ライトが語ったのは、現地時間の9日に放送予定のアメリカの情報番組「Today」のインタビュー。インタビュアーに、ケヴィンのセクハラに関して、危険信号など何か感じる事がなかったかと聞かれたロビンは、「ケヴィンと私は撮影中だけの知り合いで、お互い微笑み合うようにセットされた状況下でのみ知り合いだった。彼自身のことは全く知らない。わたしが知っている彼は素晴らしい職人だと言う事」と説明した。

「ハウス・オブ・カード」は、ケビン演じる冷酷で権力欲の強い政治家フランク・アンダーウッドが、手段を選ばず時に殺人にすら手を染め、アメリカ大統領の座を目指していくストーリー。ネット配信サービス製作のドラマで初めてエミー賞を受賞するなど、これまで数々の賞を受賞している。ロビンは、フランクの妻クレアを演じていた。

ケビンは、昨年10月にNetflixのドラマ「スター・トレック:ディスカバリー」に出演のアンソニー・ラップが、14歳の時に当時26歳だった彼に性的関係を迫られたと告白したことを皮切りに、セクハラ疑惑が複数浮上。この「ハウス・オブ・カード」のクルーやキャストに対しても、不適切な行為があったとの疑惑が出ている。

このセクハラ疑惑を受けて、ドラマはケビンを降板させ、次のシーズン6ではロビンを主役に据えてこれまでのシーズンより短い8話構成で製作することが発表されている。

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)