海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「リーサルウェポン」降板のクレイン・クロフォードがコメント発表!

クレイン・クロフォード

降板が決まったクレイン・クロフォード
Instagramより

人気ドラマ「リーサル・ウェポン」で、主人公のマーティン・リッグスを演じるクレイン・クロフォードが、正式に降板が発表されたのを受け自身のインスタグラムでコメントを発表した。

投稿された写真には、ドラマのセットだと思われる場所でうつむくクレインの姿が映されており、「キャストとクルーへ―シーズン3更新おめでとう!大きなサポートと愛をありがとう。リッグスは夢のような役で、この経験はずっと自分とともに生き続けます。胸が一杯です。次のシーズン頑張れよ!」とキャプションが添えられていた。

このドラマは、大ヒット映画シリーズをワーナー・ブラザースとFOXがテレビドラマ化したもの。人気があり視聴者数の好調だったが、クレインの撮影現場での態度が問題となり、シーズン更新が危ぶまれていた。

問題発覚後、クレインは謝罪を表明し、スタジオが用意したセラピーを受けるなどしていたが、先週FOXのトップがシーズン3の更新とクレインの降板を正式に発表した。

クレインに代わって新たに出演することが決まったのは、映画『アメリカン・パイ』(99)などに出演するショーン・ウィリアム・スコット。彼にとって初めてのテレビドラマレギュラー出演となる。

エンターテイメント情報サイト「Entertainment Weekly」によると、ショーンが演じるのは主人公ロジャー・マータフを演じるデイモン・ウェイアンズとコンビを組む新たなキャラクター。また「The Hollywood Reporter」によると、リッグスというキャラクター名を残すために、彼の弟という設定で描かれるとのこと。

新生「リーサル・ウェポン」に期待したい。

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)