海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ドラマ「THIS IS US/36歳、これから」の製作総指揮、ダン・フォーゲルマンのインタビュー!

「THIS IS US/36歳、これから」

2月21日リリースとなる「THIS IS US/36歳、これから」
(c) 2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

海外ドラマの双璧の新シーズン「24-TWENTY FOUR- レガシー」や「プリズン・ブレイク シーズン5」の2倍以上の視聴率を獲得したお化け海外ドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」(2月21日リリース)の製作総指揮を務めたダン・フォーゲルマンのインタビューが到着した。

今回『カーズ』や『塔の上のラプンツェル』で脚本を担当したダン・フォーゲルマンが描いたのは恋愛、家族、仕事……人生の岐路で迷いながら、未来へ前進するアラフォー男女4人が織りなす物語。

自分が演じる役に嫌気がさしているイケメン俳優、“脱肥満”を目標に努力する女性、幸せな家庭を築いているエリートビジネスマン、そして妻の出産を間近に控えた男性。置かれている状況も性格もまったく異なる彼らには、同じ誕生日以外にも共通点があった。それぞれが人生の壁を乗り越えようとする中で、大切なものを失い、そして見つけ、4人の運命の糸が次第にたぐり寄せられていく。

解禁されたインタビューでは、予想を遥かに超えるヒットに本人も驚きを隠せない様子だ。まず36歳という同年齢のキャラクター達を描いたことについて、「いろんな人達を掘り下げて、まったくの同年齢なのに人生がどれだけ違うものになり得るかというポイントが、最初は核になっていたんだ」と話し、更に当初は映画の脚本として進めていたという。しかし、「僕はキャラクター達と恋に落ちてしまっていて、1本の映画の最後で終止符を打ってしまいたくなかったんだ」と愛すべきキャラクター達の誕生によりドラマとして確立したことを明かした。

また、毎エピソード号泣する人が後を絶たない事に対し、「このドラマはすごく感情を揺さぶるし、予想を超える展開が人々の感情に訴える。それはいい意味の感動なんだ。涙を流すのは死や悲しみの時だけじゃない。元気が出る涙もあるし、僕はそれを“良い涙”と呼んでいるんだけれど、それはこのドラマが前向きで希望があるからだと思う。世界のいたるところで起こっている醜悪な出来事のせいで、今の世界に生きる人々は、こういう感動を経験したくなるよう徐々に仕向けられてきたんじゃないかと思うんだ。でももし、このドラマが今、世界のほんの一握りの人達が浄化作用のある涙を少しだけ流す助けになっているんだとしたら、それは悪いことじゃないと思う」と想定外の反響に驚きつつも“良い涙”が流される意味を語った。

海外ドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」は2/21(水)よりDVDリリース開始。

■「THIS IS US/36歳、これから」
2018年2月21日リリース
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
(c) 2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)