海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「グレイズ・アナトミー」降板のパトリック・デンプシーが新ドラマに出演!

パトリック・デンプシー

新ドラマに出演が決まったパトリック・デンプシー
(c)ImageColect

人気ドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」でマクドリーミーことデレク・シェパード医師を演じたパトリック・デンプシーが、衝撃の番組降板から2年、新しいドラマに出演することが明らかになった。

パトリックが出演するのは、「The Truth About the Harry Quebert Affair(原題)」。スイス人作家ジョエル・ディケールのベストセラー小説が原作のスリラーで、監督を映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』(97)のジャン=ジャック・アノーが務め、全10エピソードで制作される。

パトリックが演じるのは、国民的作家のハリー・クベール。所有する敷地内で埋められた若い女性の遺体が発見され、殺人の嫌疑をかけられるという役柄。パトリックの他に、映画『スノーデン』(16)のベン・シュネッツァーがパトリック演じるハリーの教え子役として、ドラマ「New Girl/ダサかわ女子と三銃士」のデイモン・ウェイアンズ・Jrが捜査官として出演する。アノー監督はこれがテレビドラマ初の監督作となる。

ドラマ「マスターズ・オブ・セックス」のリン・グリーンとリチャード・レヴィーンのコンビが複数回の脚本を書き、アノーと映画『ハンニバル・ライジング』のタラク・ベン・アマール、映画『裏切りのスナイパー』(12)のファビオ・コンヴェルシ、そして脚本の二人もエグゼクティブ・プロデューサーを務める。ドラマはMGMテレビジョンとイーグルピクチャーズが制作し、ネットワーク局Epixで放送される。放送日は未定だが、モントリオールにて撮影の準備がされているとのことだ。

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)