海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

働く女性の参考に!海外ドラマから学ぶオフィスのファッション

サラ・ラファティ

「SUITS/スーツ」でワンピースを着るサラ・ラファティ
Instagramより

海外ドラマをファッションの参考にする方は多いのではないだろうか。しかし、「ゴシップガール」などアメリカのドラマはおしゃれすぎて真似しにくいこともしばしば。そこで今回は、働く女性がオフィスで参考にできる海外ドラマをスタイル別にご紹介!

ワンピース
ワンピースの参考になるのは、法律ドラマ「SUITS/スーツ」で秘書を演じるサラ・ラファティ。体にぴったりとしたワンピースで “仕事ができる”雰囲気を出す。また、シットコム「ママと恋に落ちるまで」のコビー・スマルダーズは鮮やかな色のワンピースを着ることがあった。

ブラウス・スカート
オフィスの定番、ブラウスとスカートを着こなすのは「SUITS/スーツ」で弁護士のアシスタントを演じるメーガン・マークル。彼女はおしゃれなブラウスに長めのペンシルスカートを合わせることが多い。きっちりしたい時は、襟付きのブラウスで!

スーツ
サスペンス「ブラックリスト」でFBI捜査官を演じるメーガン・ブーンと刑事ドラマ「メンタリスト」で女性刑事を演じるロビン・タニーはどちらもパンツスーツが似合う。ジャケットの下に着るものによって、雰囲気を大きく変えられるようだ。

コート
ひんやりした季節、オフィスへの行き来で必要になるコート。ファッショナブルなコートを着こなすのはポリティカルスリラー「スキャンダル 託された秘密」の主演ケリー・ワシントン。色は地味でも、柄や襟の形でおしゃれに!

他にも、ドラマを通してスタイリッシュな服装を披露するのは「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」のルーシー・リュー。ブラウスからコート、長い黒髪のまとめ方まで、おしゃれすぎないスタイルが真似しやすい。ぜひこれらの海外ドラマをファッションの参考にしてみよう!

文:小波 クレア

PICKUPオススメ情報(PR)