海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ダコタ・ファニング、15年ぶりにテレビシリーズのレギュラーに

ダコタ・ファニング

子役から成長したダコタ・ファニング
(c)Imagecollect.

22歳の女優ダコタ・ファニングが、テレビシリーズ「The Alienist」に出演することが分かった。

このシリーズはケイレブ・カーの同名の小説が原作。1896年のニューヨークで事件記者のジョン・ムーアが心理学者のDr. Laszlo Kreizlerと連続殺人犯の調査をするストーリーで、ダコタは警視庁で働く秘書サラ・ホワードという役で出演すると芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」は伝えている。ルーク・エヴァンスがジョン・ムーア、ダニエル・ブリュールがDr. Laszlo Kreizlerを演じる予定だ。

ダコタは2002年にテレビミニシリーズ「Taken」にレギュラー出演。「The Alienist」はダコタにとって15年ぶりのテレビシリーズのレギュラー出演となる。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)