海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「フラーハウス」タナー家インタビュー<前編>!「フルハウス」時代の一番の思い出は?

ボブ・サゲットとデイブ・クーリエ

来日インタビューに応じたボブ・サゲットとデイブ・クーリエ
(c)Hollywood News

12月9日より全世界オンラインストリーミングが開始となるNetflixオリジナルドラマ「フラーハウス」シーズン2。配信開始を記念して来日を果たしたタナー家のメンバーがインタビューで語ってくれた内容を、2回に分けてお届け!

今回はボブ・サゲットとデイブ・クーリエのインタビュー。二人は「フルハウス」の“レガシーキャスト”として、「フラーハウス」に度々登場する。ボブが演じるのはハグが大好きなタナー家の父親ダニー、デイブが演じるのは「Cut it out!(カットしてちょうだい)」の決めゼリフが人気の親友ジョーイ。

とても仲の良さそうなタナー家だが、気になる撮影現場での様子を訊いてみると、デイブが「いつもふざけてばかりだよ」と明かし、ボブも「遊びすぎてて僕がセリフを忘れるくらいね」と付け足す。残念ながら来日が叶わなかったジェシー役のジョン・ステイモスももちろん仲が良いようで、来日中もずっと「日本はどう?楽しんでる?」とメッセージを送ってくるのだと教えてくれた。

さらに、話は30年前の「フルハウス」へ。一番の思い出は?と尋ねると、ボブは「たくさんあるよ…ジェシーが家出をした時のエピソードかな。僕がデイブ(ジョーイ役)の方を向いて、『ジェシーが家出をしたの?』と言う場面。大人はそんなことありえないから、僕はどうしても言えなかったんだ」と振り返り、デイブも「笑いが止まらなかったね」と懐かしがった。結局その時は20テイクも撮ることになったそうだ。他にも、感謝祭のエピソードで真剣にお祈りを捧げるはずなのにボブがどうしても笑ってしまい、ジョン(ジェシー役)が怒りつつも代わりに言うことになったこと、本物のロバのいる撮影をした際にロバが発情してしまったことも語ってくれた。

インタビュー中も指でつつきあったり、「ちょっと昼寝していいかな」とデイブがボブにもたれたりと終始仲良く遊んでいた二人。「フルハウス」、そして「フラーハウス」の人気は、キャストの仲の良さが生み出したものでもあるのだろう。

■「フラーハウス シーズン2」
12月9日(金)より全世界同時ストリーミング開始!
(c) Netflix

文:小波 クレア

PICKUPオススメ情報(PR)