海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

証拠写真あり!実生活で仲の良いドラマ共演者

「プリティ・リトル・ライアーズ」1

一緒にヨーロッパを旅行したトローヤン・ベリサリオ、シェイ・ミッチェル、アシュレイ・ベンソン
Instagramより

役をめぐる競争が激しいハリウッドでは、俳優同士の仲が悪いというのはよく耳にする話。「ゴシップガール」や「glee/グリー」など、何シーズンも続いたドラマでも撮影現場で一部の共演者が険悪な関係にあったと言われている。何年間も、毎日一緒に演技をしなければならないのでお互い飽きてしまうのは仕方ないのかもしれない。そこで今回は、険悪にならずに、実生活でも非常に仲の良い関係を築いているドラマ共演者をご紹介!

「プリティ・リトル・ライアーズ」
女の子4人が中心のドラマということで仲が悪くなりそうだが、意外にもキャスト同士は友達。9月初めにはメインキャストのトローヤン・ベリサリオ、アシュレイ・ベンソン、シェイ・ミッチェルがトローヤンの結婚前のお祝いとして一緒にヨーロッパを旅行し、Instagramにたくさんの楽しそうな写真を投稿していた。ルーシー・ヘイルが参加していなかったのがやや心配だが、予定が合わなかったのだろうか。

「スーパーナチュラル」
今年シーズン12に入るドラマ「スーパーナチュラル」。10年以上にわたって兄弟を演じてきたジャレッド・パダレッキとジェンセン・アクレスは実生活でも兄弟のような関係のようだ。一時期は一緒に住んでいたこともあると明かしている。お互いに結婚して子供がいる今は家族ぐるみの付き合いになっていて、クリスマスなどをみんなで過ごすほど。

「ゲーム・オブ・スローンズ」
このドラマで仲良しとして知られるのは、姉妹役の女優ソフィー・ターナーとメイジー・ウィリアムズ。ドラマでは共演シーンはほとんどないものの、オーディションで会った時から仲良しだという。長期休みにはお互いの家でお泊りをするとインタビューで語っている。本当の姉妹よりも仲良しかも?

本当の友達を見つけるのが大変なハリウッド。ドラマの共演者と家族のような関係を築けた俳優たちは、とてもラッキーなのだろう。

文:小波 クレア

PICKUPオススメ情報(PR)