海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

往年の海外ドラマが再びTVスクリーンに!リメイク制作の裏事情とは

フルハウス

20年ぶりに復活が決まった人気海外ドラマ『フルハウス』
(c)Imagecollect.

米テレビ界では近年、放送終了を迎えたドラマのリメイク制作が盛んである。今シーズンのラインナップには、人気SFドラマ「HEROES/ヒーローズ」(06~10)の新シリーズ「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」が含まれており、来年は「X-ファイル」(93~02)が13年ぶりに復活。「フルハウス」(87~95)の新シリーズの放送も予定されている。また、2017年には「ツイン・ピークス」(90~91)の新シリーズも放送予定となっており、往年の海外ドラマの復活が目立つ。今回は、このリメイクブームの秘密に迫ってみる。

最近のテレビ界は昔と比べ、大きく様変わりしてきた。ABCやNBC、CBSなどのネットワーク局に加え、HBOやFXなど、良質な作品を数多く生み出しているケーブルテレビが大きな存在感を示すようになった。また、Netflixを始めとしたストリーミングサービスも盛んで、こちらも近年、良質なオリジナル番組を多く制作している。加えて、映画監督、俳優なども続々とテレビ界に進出するなど、今のテレビ界は映画にも劣らないハイクオリティな作品を次々と生み出し続けている。

では、なぜ今になってリメイクの動きが盛んになってきたのだろうか。その理由の一つとして、作品数の多さが挙げられる。米「Vulture」誌によると、2014年にネットワーク局、ケーブルテレビ、ストリーミングサービス用に、なんと325本の脚本が執筆されたという。あまりに多くの作品が誕生しているため、その中で存在感を示すのが難しくなってきているのだ。昔のドラマを復活させることで、人々の注目を集めようとしているのである。

各局がリメイクやリブートを検討しているという噂だけでも、多くのニュースメディアはその噂を取り上げるだろうし、視聴者もSNS上でそのニュースについて書き込みをすることが予想される。実際に「フルハウス」の新シリーズ「Fuller House」(原題)制作に関するニュースが伝えられた際には、SNS上でトレンド入りした。

そして、マーケティングの観点からみても、リメイク制作には大きなメリットがある。各メディアがニュースを取り上げ、SNS上でも盛り上がりを見せるということは、視聴者が既にそのドラマの存在を知っているということ。マーケティングの予算を一切使用することなく、潜在的な視聴者の確保ができるのである。

しかしながら、必ずしもリブート作品が全て成功するとは限らない。始めは、かつての人気ドラマが復活を遂げるというニュースにワクワクする視聴者は多い。しかし、そのリメイク作品が長期で放送を続けられるかは全く別の話だと米「Vulture」誌は指摘する。それでも、乱立する作品の中で、存在感を発揮するだろうリメイク作品の制作は、放送局にとって魅力的なことなのだろう。

文:三澤 明里

PICKUPオススメ情報(PR)