海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「glee」制作者と人気ロックバンドが使用許可めぐり小競り合い

ライアン・マーフィー

「Glee」で使われる曲を自ら選んでいる、ライアン・マーフィー
(c)Hollywood News

人気ミュージカルドラマ「glee」のクリエイターであるライアン・マーフィーと、ロックバンド「キングス・オブ・レオン」のメンバーたちが、お互いに非難し合っているのが話題になっている。

6か月前に、ライアンが「キングス・オブ・レオン」の人気曲である「Use Somebody」を「Glee」で使いたいと要求したところ、バンド側がそれを拒否したのが全ての始まりだった。断られたことに恨みを持っていたライアンは今年の1月に行われた「ハリウッド・レポーター」誌のインタビューで、「ファックユー、キングス・オブ・レオン。彼らは自己中心的なアホたちだ。彼らは全体像を見えていない。7歳の子供が、番組でほかの子供が彼らの曲を歌うのを聞いて、合唱団に入ったり、音楽をやってみようと思うんだ。彼らは芸術教育を憎んでいるんだね」と、発言した。

そのライアンの発言を聞いたバンドのドラマーであるネイサン・フォロウィルは自身のツイッターに、「親愛なるライアン・マーフィーへ。いいかげん忘れろよ。セラピストに相談しろ。マニキュアを塗って、新しいブラジャーを買えよ。黙って、7歳の子供にファ○クという言い方を教えていればいいんだよ」と、ゲイであると公言しているマーフィーを馬鹿にするような内容を書き込んだのだ。

その書き込みに反発するように、ライアンは「同性愛嫌いの彼は、本当に教育が必要だね」とツイッターに書き込み、ネイサンの発言は同性愛者への差別だと非難した。結局、後にネイサンは、「僕の発言を同性愛嫌いや女性嫌いと取った人に対して、すまないと思っている。僕はそういう人間ではないんだ。本当に謝罪をしたい」と謝罪のコメントをツイッターに残している。

ライアンがしつこくケチを言ったのは、それほどまでに「キングス・オブ・レオン」の曲が好きで番組で使用したいという強い思いがあるからのようだ。はたして将来、「Glee」に彼らの曲が使われることはあるのだろうか? 今回の対決で、その可能性は限りなく低くなったのかもしれない。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)