海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ディズニーチャンネル出身!女優・歌手として活動するオリヴィア・ホルトの魅力とは?

オリヴィア・ホルト

女優・歌手として活動するオリヴィア・ホルト
(c) Imagecollect

現地時間22日に新曲「Generous」をリリースし、代表曲の「History」は音楽ストリーミングサービスの「Spotify」で再生回数1億回を突破するなど、人気急上昇中の歌手兼女優のオリヴィア・ホルト。今回は彼女の生い立ちから人気の秘密まで、オリヴィアの魅力を徹底解説!

■ディズニーチャンネル出身の実力派
テネシー州生まれで、現在20歳のオリヴィアは、10歳の時からテレビのコマーシャルなどに出演。その後7年間続けていた器械体操の技術を評価され、13歳の時に、ディズニーチャンネルの「とび蹴りアチョ~ズ」に出演。ディズニーチャンネルといえば、セレーナ・ゴメスやデミ・ロヴァート、マイリー・サイラスなど多くの人気歌手を輩出し、次世代アイドルの登竜門とも言われている。オリヴィアも彼らと同じく、ディズニーチャンネルの番組に出演し続け、17歳の時にディズニーチャンネルの「やってないってば!」で主役を獲得し、一躍注目を集めることになった。同作が放送された同じ年、2014年にオリヴィアはアメリカの大手レコード会社のハリウッド・レコードと契約。ディズニーチャンネルで鍛え上げた歌唱力はすぐに多くの人から支持を集めるようになる。

■20歳とは思えない大人っぽい落ち着きのある発言
彼女が多くのファンから支持を集める理由は、若干20歳とは思えない落ち着きと謙虚さが理由だろう。オリヴィアは女性メディア「Refinery29」で、「私は一つの物事を当たり前のようにとらえたりはしないわ。私が今までに犯した過ちや、私が今までに出会った人々、私が今までに旅した場所、私にそれが起こったことや遭遇したことには理由があるって信じているの」と重みのある言葉を語っている。また自身の人生について、「私は人生を行き過ぎるほど真剣には考えないわ。私たちはとても短い時間の中にいて、人生を懸命に生きて、その時間を使うことは大切だわ。私は普段自分が挑戦しないようなことに挑戦するようにしているの」と語り、人気になっても尚挑戦し続ける謙虚な志を持っている。

■曲の心情を表す表現力
オリヴィアの歌手としての魅力は、歌唱力と表現力。オリヴィアの代表曲「History」では、恋人が自分にふさわしい人だと分かっていてもどこか心に不信感を抱き、彼を前の様に愛せなくなってしまうという複雑な女の子の心境を表現している。曲の終りのフレーズでは、今にも泣きだしてしまうようなオリヴィアの歌声で、悲しみの心情が直に伝わってくる。また新曲の「Generous」では、少しハスキーなボイスでセクシーに歌い上げ、まるで聞いている人をデートに誘うかのよう。幼少期の頃から培ってきた演技力が曲をより心情的に、聞いている人の心に寄り添うような形に仕上げている。

人気急上昇中の実力派歌手兼女優のオリヴィア・ホルト。表現力豊かな彼女の新曲「Generous」は要チェックだ!

文:園 しなこ

PICKUPオススメ情報(PR)