海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

マイアミ発のEDMフェス「ULTRA JAPAN 2017」過去最大級のラインアップ<18日編>

Ultra Japan

Ultra Japanのラインナップ
Twitterより

マイアミ初の大規模EDMフェエスティバルが今年も日本にやってきた!今年で開催4回目を迎えるULTRA JAPAN。今年は今までの3ステージに加えて、ライブステージが追加され、計98組のアクトと過去最大級のラインアップとなった。そこで今回は、メインステージに登場する9組のアーティストを各日に分けて紹介する。今回は18日編を紹介する。

■カイゴ
去年のULTRA JAPANで初来日を果たしたカイゴが今年もULTRA JAPANにやってくる。「トロピカル王子」の愛称が定着しているほどに、彼の奏でる音楽は、ビーチサウンドにぴったりな温かみのある心地よいトロピカルサウンドが特徴。EDMにしてはテンポが遅めで、聞いていて高揚感よりリラックス感を味わえるのがトロピカルハウスの特徴。今では彼の名を知らない人はもはやいないだろうというほどまでに人気が定着している。去年のリオデジャネイロ五輪の閉会式で演奏した時にはDTMではなくキーボードを使うなど、DJ機材ではなく、実際の演奏にこだわっているのも彼の特徴。当日は、夏の終わりにぴったりなトロピカルサウンドを奏でてくれること間違いなし。

■スティーブ・アオキ
父親は実業家、妹はモデルで女優のデヴォン青木、とタレント一家に生まれたアオキ。そんな彼のパフォーマンスの特徴はとにかく陽気でやんちゃなところだ。パフォーマンス中に観客席にケーキを投げたり、はたまた自ら飛び込んだりととにかくやりたい放題。そんなハチャメチャなパフォーマンスに観客も大ウケ。1996年にデビューしてから多くのプロデューサーやアーティストとコラボレーションしてきたアオキ。その人気ぶりは、2013年に発売したアルバム「Wonderland」がグラミー賞にノミネートされるほど。また、流行に敏感で、昨年はトロピカルハウスの流れに乗って「Can’t Go Home」というトロピカル調な楽曲を発表。どこまでもファンを楽しませ、驚かせてくれるのがスティーブ・アオキなのである。日本でもケーキ屋投げやダイブが見られるか楽しみなところ。

■ティエスト
去年のULTRA JAPANにも登場した、EDM界の生ける伝説とも言えるティエスト御大が今年もULTRA JAPANにやってくる。1997年よりコンピレーションアルバムをいくつか発売するようになり、2001年に自身初のアルバム「In My Memory」を発表すると、翌年から3年連続でかの有名な雑誌DJ MagazineのTOP 100 DJsで3年連続1位にランクインするほどの人気DJへとのし上がる。その人気は今でも高く、去年のTOP 100 DJsでは5位にランクイン。ハウスやダッチトランスを得意とし、多くのDJたちからも尊敬されているティエスト。ぜひ「伝説」のパフォーマンスを生で見よう。

さすがに3日目とだけあり、どのアーティストも見逃せないアーティストばかり。最終日をどれだけ盛り上げてくれるか楽しみである。

文:前崎 ハンナ

PICKUPオススメ情報(PR)