海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

カイゴ、ザ・チェインスモーカーズ他!ULTRA JAPAN 2017に出演するおすすめアーティスト

ウルトラ・ジャパン

大盛り上がりのUltra Japan
Instagram より

マイアミ発の世界最大級のEDMフェス「ULTRA MUSIC FESTIVAL」が今年も日本で開催!今や世間に名の知られた世界有数の大規模フェスティバルで2007年に「ULTRA WORLDWIDE」と、スペイン、ブラジル、アルゼンチン、クロアチア、南アフリカ、韓国など、世界各地で開催されるように。日本には2014年より開催され、今年で4回目を迎える。豪華なアーティストのラインアップに、ビーチや海辺を漂わすような開放的な雰囲気やファッッションと、たくさんの注目要素があふれる。今年のULTRA JAPANでも、大盛り上がり間違いなしの25組のアーティストが出演決定しているが、その中でもはずせない要チェックのアーティスト3組をご紹介!

■カイゴ
昨年のULTRA JAPANにも参加ているカイゴは、音楽シーンには欠かせない存在のうちの一人。音楽配信サービスSpotifyでアルバム発売前にも関わらず、史上最速で再生回数10億回を突破した。「トロピカル王子」とも呼ばれる彼が発信するトロピカルハウスサウンドは、ビーチやリゾートを思い浮かばせるような温かみのある心地よい音楽となって、世界中で大人気!今年2月にリリースされた「It Ain’t Me ft. Selena Gomez」ではリリース直後にビルボードにて「ホット・ダンス/エレクトロニック・ミュージック」のトップ10にランクイン!セレーナ・ゴメスが元彼のジャスティン・ビーバーのことについて歌った曲なのでは?と話題にもなった。その他の代表曲として、「Stay ft. Maty Noyes」「Raging ft. Kodaline」などがあげられる。

■「ザ・チェインスモーカーズ」
今回初のULTRA JAPAN参戦!彼らがリリースするシングルはことごとく人気曲となり、2012年に結成されて以来、勢いが止まらない!昨年7月にリリースされた「Closer ft. Halsey」は全米で1位にランクイン。この曲で第59回グラミー賞の「Best Pop Duo/Group Performance部門」と、新人賞「Best New Artist部門」にノミネートされ、またビルボード・ミュージック・アワードでは「Top Dance/Electronic Artist」賞と「Top Dance/Electronic Song」賞にノミネートされた。世界で爆発的に人気を集めた名曲である。その他、人気曲として、「Something Like This ft. Coldplay」「Roses ft. ROZES」「Don’t Let Me Down ft. Daya」がある。

■スティーブ・アオキ
アメリカのフロリダ州出身で、両親は日本人の日系アメリカ人。彼のパフォーマンスはとにかくやんちゃで、ライブではステージから観客にケーキを投げつけるのが彼のお決まり。時に、DJブースから離れ、用意してあるビーチボートにのって観客のなかに飛び込んだり、時には、彼自身、生身で観客の波に飛び込んだりと、これまた過激!このパフォーマンスにファンは大喜び!そんな彼の2部作からなるアルバムの1つ、「Neon Future 1」は2014年に「Best Dance/Electro Album」のチャートで1位を獲得。その中の代表曲は「Delirious ft. Kid Ink」・「Back to Earth ft. Fall Out Boy」の2曲が代表曲となっている。「Back to Earth」は、ストリート・ダンス映画で2012年にアメリカで大ヒットした「Step Up All In(原題)」のエンディング曲にも使用されている。また昨年には「ワン・ダイレクション」のルイ・トムリンソンとのコラボ曲「Just Hold On ft. Louis Tomlinson」もリリースしている。

まだまだその他にも有名アーティストが揃う今年のULTRA JAPAN!彼らのヒットソングをチェックして、この夏の音楽フェスを思いっきり楽しんでみよう!

文:橘 サラ

PICKUPオススメ情報(PR)