海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジャスティン・ビーバーが公演でペットボトルを投げられる、スペイン語の曲「Despacito」を歌うのを拒んで

ジャスティン・ビーバー

人気歌手のジャスティン・ビーバー
(c)Imagecollect.

歌手のジャスティン・ビーバーが、スウェーデンのストックホルムで行われた音楽祭「Summerburst Festival」でスペイン語の「Despacito」を歌うのを拒んで、ペットボトルを投げられたことが分かった。

ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーの曲「Despacito」のリミックスバージョンに参加し、スペイン語の歌声を披露しているジャスティン。しかし、現地時間10日に「Summerburst Festival」でファンに「Despacito」をリクエストされると、「『Despacito』はできないよ。僕は(歌詞を)知らないんだ」「できないよ」と話した。すると、ジャスティンは観客1人にペットボトルを投げられることに。ジャスティンは「うぉ」とペットボトルをよけて、「お願いだから物を投げないで」となだめた。

ジャスティンは先月、ニューヨークのクラブ「1OAK」で「Despacito」を歌おうとした時に、音楽にノリながら「歌詞が分からないから、僕は『Dorito』って言う」と歌っていたため、ジャスティンが歌詞を忘れてしまったと話題になっていた。

文:馬場 かんな

▼Justin Bieber on Singing Despacito Live [Fan throws a bottle] (Summerburst Festival 2017)▼Luis Fonsi, Daddy Yankee - Despacito (Remix Audio) ft. Justin Bieber

PICKUPオススメ情報(PR)