海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

第59回グラミー賞受賞結果、アデルが主要3部門を含む5冠!

アデル

アデルのアルバム「25」
instagramより

第59回グラミー賞授賞式が現地時間2月12日に開催され、各賞が発表された。

アデルが主演部門の年間最優秀レコード賞、年間最優秀アルバム賞、年間最優秀楽曲賞を含む5冠を達成。チャンス・ザ・ラッパーが最優秀新人賞を受賞した。また、ビヨンセは最多9部門でノミネートされていたが、2部門での受賞となった。

日本人ではピアニストの内田光子がクラシック部門の最優秀ソロ・ボーカル・アルバム賞に輝いている。

アデルがオープニングで「Hello」を熱唱し、双子を妊娠中のビヨンセが神々しい衣装で迫力ある歌声を披露。ほかにもザ・ウィークエンド、ケイティ・ペリー、レディー・ガガ、ブルーノ・マーズら豪華アーティストがパフォーマンス。また、アデルが昨年12月に亡くなったイギリスのポップデュオ「ワム!」のジョージ・マイケルさんの、ブルーノと「ザ・タイム」が昨年4月に亡くなったプリンスさんの追悼パフォーマンスを披露した。

今年も豪華なアーティストがレッドカーペットに登場し、華やかな授賞式となった。

●第59回グラミー賞主要部門受賞結果

【年間最優秀レコード賞】
「Hello」アデル 【★受賞】
「Formation」ビヨンセ
「7 Years」ルーカス・グラハム
「Work」リアーナ feat.ドレイク
「Stressed Out」トゥエンティ・ワン・パイロッツ

【年間最優秀アルバム賞】
「25」アデル 【★受賞】
「Lemonade」ビヨンセ
「Purpose」ジャスティン・ビーバー
「Views」ドレイク
「A Sailor’s Guide To Earth」スターギル・シンプソン

【年間最優秀楽曲賞】
「Formation」ビヨンセ
「Hello」アデル 【★受賞】
「I Took A Pill In Ibiza」マイク・ポズナー
「Love Yourself」ジャスティン・ビーバー
「7 Years」ルーカス・グラハム

【最優秀新人賞】
ケルシー・バレリーニ
ザ・チェインスモーカーズ
チャンス・ザ・ラッパー 【★受賞】
マレン・モリス
アンダーソン・パーク

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)