海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジャスティン・ビーバーも注目!EDM界を率いる二大アーティスト

ジャスティン・ビーバー,スクリレックス,ディプロ

アメリカン・ミュージック・アワードに出席したジャスティン・ビーバーと「ジャック・ユー」の二人
Instagramより

今日本でも大流行の音楽ジャンルの一つであるEDM。ポップス歌手なかで、いち早くEDMを自身の曲に取り入れたのがジャスティン・ビーバーだ。新アルバム「パーパス」では、ほとんどの曲がEDM系アーティストによってプロデュースされている。今回はジャスティンがコラボしている2大アーティストをご紹介。

■スクリレックス(SKRILLEX)
大人気EDMフェス「ULTRA JAPAN」に出演したこともあるスクリレックス。もともとロックバンドでボーカルを務めていた彼だが、声帯を痛めたのをきっかけにEDMアーティストとしてソロデビュー。28歳という若さでありながら、”ブロステップ”という新しいサウンドジャンルを生み出し、EDM界を発展させた。そして彼は「パーパス」のうち5曲を手がけている。

彼の魅力は”ブロステップ”を駆使したアップテンポでパンクなEDM。またスクリレックスは多くの人気曲をリミックスしており、なかでもおすすめなのが人気DJアヴィーチーの「Levels」のリミックス。アヴィーチーはこれをリスペクトしており、6月の来日公演でこのリミックスを披露した。

■ディプロ(Diplo)
EDM界に欠かせない存在であるディプロ。世界中のさまざまな音楽ジャンルを取り入れ、多彩なサウンドを作り上げてきた。なかでもブラジルの音楽を基にした”バイリ・ファンキ”というジャンルは、ダンスミュージック界を大いに盛り上げた。また彼はレコードレーベル「マッド・ディセント」を立ち上げ、音楽業界でのEDMの知名度をさらにアップさせた。

現在ディプロは「メジャー・レーザー」と「ジャック・ユー」という2つのユニットに所属している。レゲエアーティストのウォルシー・ファイアーとDJ兼プロデューサーのジリオネアと結成した「メジャー・レーザー」は「Lean On ft. Mφ」がこの夏大ブレイク。そしてスクリレックスと組んだ「ジャック・ユー」がプロデュースしたジャスティンの「Where AreNow」は、2015年の「アメリカン・ミュージック・アワード」で最優秀コラボレーション賞を受賞。また「メジャー・レーザー」に歌手のMφ(ムー)とジャスティン・ビーバーを加えた最強ユニットで作り上げた新曲「Cold Water」も、この夏のヒットソングの一曲となった。

大人気歌手のジャスティン・ビーバーがリスペクトするEDM界の重鎮たちの、さらなる革命サウンドにぜひとも期待したい!

文:園 しなこ

PICKUPオススメ情報(PR)