海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

名曲はこうして誕生する、アデルが良い曲を作ったと自信がある時とは?

アデル

イギリスの歌姫アデル
(c)Imagecollect.

イギリスの歌手アデルが、自分の曲に自信がある時について明かした。

アデルは先月23日に新曲「Hello」をリリース。この曲は2011年から4年ぶりとなる新アルバム「25」に収録される予定で、セレブたちも涙し、大絶賛している。

そんなアデルは「25」に収録される「When We Were Young」の練習を英ロンドンのスタジオでしていた時に「ニューヨーク・タイムズ」紙の取材に応えた。彼女は練習中に「私は泣かないわ」と話していたという。

アデルは「自分の曲に自信があると感じるためには、その曲が私をとても感動させなくてはいけないの」「そうやって私は良い曲を書いたって分かるのよ。私が泣き始めた時にね。ボーカルブースやスタジオで号泣する時よ。少し時間が必要になるの」と語った。

世界中を涙させる名曲は、アデル自身が号泣するところから始まっているようである。現地時間20日にリリースされるアデルの新アルバム「25」にも人々の心を動かす曲がたくさん詰まっているだろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)