海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ニューヨークの100人に聞いた、今年のサマーソングは?

ファレル・ウィリアムス

「今年のサマーソング」1位と2位の楽曲にフィーチャリングされたファレル・ウィリアムス
(c)Hollywood News

ニュースサイトの「Vulture」が、「今年のサマーソング」ランキングを発表した。これは、ニューヨークのタイムズスクエアと125丁目を歩く100人の投票によって選ばれたものである。

29票を得て1位に輝いたのは、エレクトロ・デュオのダフト・パンクが発表した「Get Lucky」。
世界各国のシングルチャートでトップ10入りしたこのヒット曲は、レトロな雰囲気を持つグルーヴィーなサウンドが非常に心地よくドライブに合いそうな楽曲だ。

2位に選ばれたのは、ロビン・シックの「Blurred Lines」で、25票を獲得した。
ファンキーでアダルトな雰囲気をもつポップなサウンドで、開放的な気分になれる楽曲になっている。この曲はラッパーのT.I.と歌手のファレル・ウィリアムスをフィーチャリングしているが、ファレルは1位の「Get Lucky」にもフィーチャーされている。

3位に選ばれたのは、マライア・キャリーのミゲルとのコラボ曲「#Beautiful」で、15票を獲得した。
マライアの美しい歌声とミゲルの爽やかな歌声が印象的で、チルアウトできる楽曲になっている。

4位に選ばれたのは、マイリー・サイラスの「We Can’t Stop」で、12票を獲得した。
セクシーなPVでも話題になったこの楽曲は、非常にキャッチーなメロディーでみんなで盛り上がりたいときにピッタリだろう。

どれも夏に聴いたら心地良い気分になれる楽曲ばかりである。みなさんの今年のサマーソングは見つかっただろうか?

文:橋本 トミオ










PICKUPオススメ情報(PR)