海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ミック・ジャガー、もしやテイラー・スウィフト嬢にご執心?

ローリング・ストーンズ

現在ツアー中のローリング・ストーンズ
(c)Hollywood News

最新ツアー(50 and Counting)で、平均70歳とは思えない精力じいさんっぷりをアピールしているローリング・ストーンズ。今回のライヴ・ツアーで話題になっているのが、公演毎に登場する豪華なゲスト・ミュージシャンたち。でもなんだか女性シンガーの登場が目立ちません?

5月3日のLA公演ではノー・ダウトのグウェン・ステファニーがミックと「Wild Horses」を歌い、5月8日のカルフォルニア公演では旧知のボニー・レイットとブルージーに「Let It Bleed」をプレイ。
続いて5月11日ラスベガス公演にはケイティ・ペリーがゲスト参加、「Beast Of Burden」をミックとデュエット。ケイティとストーンズ? と一瞬耳を疑ったものの、まあケイティのぶっ飛び感は確かにロックかも。

続いて5月25日トロント公演にはアメリカの人気TV番組『アメリカン・アイドル』のシーズン4優勝シンガー、キャリー・アンダーウッドが「It’s Only Rock ‘N’ Roll (But I Like It)」で登場。5月31日シカゴ公演にはボニー・レイット同様これまた旧知の仲のシェリル・クロウとの「All Down The Line」で観客を沸かせた。

そして迎えた6月3日、ゲストは“アメリカの恋人”テイラー・スウィフト! 曲はなんと「As Tears Go By」。そう、かつてミックの恋人だったマリアンヌ・フェイスフルへ贈った名曲を持ってきちゃいましたよ。ここまでさまざまな女性ミュージシャンをステージに上げてきた今回のツアー、この「特別な曲」のチョイスから、どうやらミック・ジャガーのお気に入りはテイラー・スウィフト嬢に決定! そういえばテイラーの元カレ、ワンダイレクションのハリーってミック・ジャガー似とか言われていた! てことは、テイラーもまんざらでもないのかも?

とりあえず、同じく若いおねえちゃん好きのロン・ウッドとミック・ジャガーがこの先女性の取り合いにならないことを祈りつつ、残りのツアーを見守りましょう。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)