海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジャスティン・ティンバーレイク、マーカス・マムフォードとコラボ曲を製作

ジャスティン・ティンバーレイク

マーカス・マムフォードとコラボ曲を製作した歌手のジャスティン・ティンバーレイク
(c)Hollywood News

歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイクが、英国出身の4人組フォークロックバンド、マムフォード・アンド・サンズのボーカルのマーカス・マムフォードと、コーエン兄弟監督の新作映画のサウンドトラック曲でコラボレーションしていることが明らかになった。

映画『ノーカントリー』(07)のジョエル&イーサン・コーエン監督の最新作『Inside Llewyn Davis』(原題・日本公開未定)に出演しているジャスティンだが、同作品の撮影中に共演者のキャリー・マリガンの夫であるマーカスと同映画のオリジナル曲を製作していたという。

ジャスティンはイギリスのラジオ局「Capital FM」に出演した際、「みんなに報告があるよ。僕はもうすぐ公開される予定のコーエン兄弟の最新作に出演しているんだけど、幸いなことにオスカー・アイザックとキャリーマリガンと共演したんだ。そして本当に偶然なんだけど、その映画のサウンドトラックでマーカス・マムフォードと曲を一緒に作ったんだよ。だから僕は夫婦そろってとても仲良しになったんだ」と語った。

また、「マーカスと僕は一緒に力を合わせて楽曲を製作したんだよ。ジャンルの違う僕たちがコラボレーションできる機会はそうそうないと思うね。とても楽しかったよ。映画だけじゃなくてサウンドトラックもファンタスティックになることは間違いないよ」とコメントした。

コーエン兄弟の最新作でジャスティンとマーカスがどのような映画音楽を製作したのか、劇中の音楽に注目したい。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)