海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ノー・ダウト、新作PVが人種差別であると非難され削除

ノー・ダウト

アメリカの人気グループ「ノー・ダウト」、新作PVに非難
(c)Hollywood News

アメリカの人気バンド「ノー・ダウト」が、新作ミュージックビデオ「Looking Hot」をネイティブ・アメリカンへの差別だと非難を受けて、動画サイトYou Tubeから削除した。

同ミュージックビデオは、同バンドのボーカルであるグウェン・ステファニーがネイティブ・アメリカンの衣装を着てポールに結び付けられ、カウボーイたちと戦うというストーリーになっていたという。しかし、ファンやネイティブ・アメリカンのコミュニティーから人種差別として非難されてしまった。

今回の非難を受け、同グループは現地時間3日に公式ホームページで、「多民族のバンドとして、我々はほかの文化の多様性と思いやりを持つことを基盤にしています。私たちの最新のビデオの意図は、決してネイティブ・アメリカンの人々や文化、歴史を非難したり、傷つけるものではありませんでした」と発表した。

さらに続けて、「しかし、私たちはカリフォルニア大学のネイティブ・アメリカンの友人や専門家たちと相談して、人々の気分を害してしまったことに気が付きました」「我々はすぐにビデオを削除いたしました」とコメントしている。

ミュージックビデオはその露出の高さから、人種や宗教的なものに関してほかの人々からの批判やバッシングを受けやすいものになってしまう。制作側は人々が芸術的なものとしてとらえられるのか、気分を害されるものなのかを考えるべきだっただろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)