海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

“世界は一つ”のマイケルさん、家族ら協力のドキュメンタリーが12月に発売!

マイケル・ジャクソン

マイケルさんのDVD、12月2日にリリース決定!
(c)Hollywood News

マイケル・ジャクソンさんが「慈愛に満ちた人物」であったと、実兄ティト・ジャクソンがしみじみと語りました。ドキュメンタリー『マイケル・ジャクソン:ライフ・オブ・アイコン 想い出をあつめて』(12月2日日本発売)のロンドン・プレミアの席での発言です。

11月2日に催されたこのプレミアで、ティトは「ドキュメンタリーを見ながら、私は大笑いし、にっこりし、泣いた。感情と思い出の波が押し寄せてね……」と話しました。血を分けた弟にスクリーンで再会し、また、撮影中のあれこれが頭に浮かんで込み上げるものがあったのでしょう。

さらにティトは、このフィルムがマイケルさんのファンたちにとっても大きな意味を持つと言います。「マイケルは、ファンを心から愛していたんだ。世界を一つに、という願いを音楽を通してファンに呼びかけ続けた。世界を変えたい、本当に困っている人たちを助けたい一心でね。ドキュメンタリーを見て、ファンは多少なりとも“これまで気付かなかったマイケル”に気付くだろう。彼の人物像と、彼が及ぼした影響。そして、ファンたちが彼に与えた影響も」とティト。

一番上の姉リビーも、「このドキュメンタリーに出演することは、正直、気持ちの上で簡単ではなかったの。でも、出演して良かったと思えるわ。自分にとって一種のセラピーになった。何よりも、マイケルのためになることだったのだから。私は、人々に真実を知ってほしかった」と、感想を語りました。

家族や親友など、マイケルさんをよく知る計50人あまりへのインタビューをつなぎあわせて彼の「キング・オブ・ポップ」への道のりを振り返るこのドキュメンタリーは、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントより税込2980円で発売されます。詳しくは公式サイト(http://db.geneonuniversal.jp/search/detail.php?softid=GNBF-2481)まで。

文:最上 雅旨

PICKUPオススメ情報(PR)