海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

第53回グラミー賞結果発表 日本勢が大活躍!

14840_lady_antebellum_need_you_now

【年間最優秀レコード賞】【年間最優秀楽曲受賞】のダブル受賞! ピアノが印象的な、心にしみるラブソング。/レディ・アンテベラム「ニード・ユー・ナウ ~いま君を愛してる」 from 同名アルバム [品番:TOCP-66947]

音楽の祭典、第53回グラミー賞の授賞式が米ロサンゼルスにて現地時間2月13日に開催され、年間最優秀レコード賞をはじめ、各賞が発表された。主要4部門の結果は以下の通り。

年間最優秀レコード賞と年間最優秀楽曲を含む5部門の受賞は、レディ・アンテベラムのアルバムそして同名曲の「ニード・ユー・ナウ いま君を愛してる」。2010年全米で2番目に売れたアルバムの勢いそのままの快挙となった。

年間最優秀アルバム賞は、アーケード・ファイアの「ザ・サバーブス」。エミネム、レディ・アンテベラムら強豪を押しのけ、見事受賞した。

最優秀新人賞は、20歳でバークリー音楽大学の最年少講師となり、ダブルベースを弾きながら歌うというスタイルの女性ジャズシンガー、エスペランサ・スポルディングに輝いた。

また、今回は日本勢の活躍が目覚しい。ロックバンド「B’z」の松本孝弘は、ラリー・カールトンとの共作アルバム「テイク・ユア・ピック」で最優秀ポップ・インストルメンタルアルバム賞を受賞。ジャズピアニストの上原ひろみは、参加したスタンリー・クラークのバンドのアルバム「スタンリー・クラーク・バンド」で最優秀コンテンポラリー・ジャズアルバム賞を受賞。いずれも、その世界で知られる名プレイヤーとのコラボが快挙に導いた。クラシックのピアニスト内田光子も最優秀インストルメンタル・ソリストパフォーマンス賞を受賞した。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)