海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本版のポスター絵柄が解禁

IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.


全世界待望の「007」シリーズ25作目で、前作『007 スペクター』から実に5年ぶり最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開に先駆けてIMAX®日本版のポスター絵柄が解禁された。今までの絵柄とは異なり、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)がバイクにまたがり、現在公開されている予告編にもある本作の見所の一つイタリア南部の都市、世界遺産マテーラで撮影された大迫力のアクションシーンのようだ。

本作は、キャリー・ジョージ・フクナガ監督、アカデミー賞®撮影賞受賞のリヌス・サンドグレン(『ラ・ラ・ランド』)により『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の様々なシーンを70mm/15パーフォレーションのフィルムを使用するIMAX®フィルムカメラで撮影。超高解像度のIMAX®フィルムカメラで撮影された息を呑むような映像はIMAX®シアターでのみ体感できる。さらに、本作品はIMAX社が特許を有するIMAX DMR®(デジタル リマスタリング)加工により映像とサウンドの高品質化を経て、プレイバックされるイメージを細部まで信じられないほどシャープかつクリア、鮮やかで明るく、コントラストを深く仕上げることによりIMAX®シアター鑑賞者を作品の世界へ引き込む。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、ジェームズ・ボンドにはダニエル・クレイグ、製作陣からは「007」シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督にはドラマ『ビースト・オブ・ノー・ネーション』、TVシリーズ「トゥルー・ディテクティブ」のキャリー・ジョージ・フクナガ。さらに2019年に『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックが悪役として抜擢、さらにレア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズら豪華キャストが出演。

シリーズお馴染みのビッグアーティストの主題歌には本年度のグラミー賞で主要4部門含む5部門を弱冠18歳で獲得したビリー・アイリッシュを起用、さらなる話題を呼んでいる。
シリーズ1作目『007ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影やダニエル版、ジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションなども見逃せない!前作『スペクター』(興収約30億円)から5年ぶりの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。

IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ/製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン 
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・ジョージ・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
出演:ダニエル・クレイグ、ラミ・マレック、レア・セドゥ、ラッシャーナ・リンチ、アナ・デ・アルマス、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、ナオミ・ハリス、レイフ・ファインズ
公式FACEBOOK:www.facebook.com/JamesBond007
公式:@007movie_JP 

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)