海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

男とその母親、そして無実を信じる弁護士が戦う相手はアメリカ政府とマスコミ。

リチャード・ジュエル


2020年の日本でも起こりえる事件—これは、勇敢な警備員の身に起きた〈実話〉である。

1996年、警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は米アトランタのセンテニアル公園で不審なリュックを発見。
その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。
テロを未然に防ぎ一時は英雄視された彼だが、現地の新聞社とテレビ局がジュエルを容疑者であるかのように書き立て、実名報道したことで状況は一変。
さらに、FBIの徹底的な捜査、メディアによる連日の過熱報道により、ジュエルの人格は全国民の目前でおとしめられていった。
そこへ異を唱えるため弁護士(サム・ロックウェル)が立ち上がる。
そして、ジュエルの母(キャシー・ベイツ)も息子の無実を訴え続けるが、3人の前に立ちはだかるのは、およそ3億人の人口をかかえるアメリカの巨大組織、政府とマスコミだった――。

クリント・イーストウッド監督待望の最新作『リチャード・ジュエル』から、巨大権力と不寛容な断罪報道を続けるマスコミと戦う3人をとらえた場面写真が解禁となった。
高圧的な権力による追求、不寛容なマスコミ報道に晒されたジュエルと彼に抱きかかえながら涙を流す母ボビー、そして、二人を見つめる弁護士の切実な姿をとらえた場面写真は、感動のヒューマンドラマの展開を予感させる1枚だ。

爆破物の第一発見者から一転、事件の第一容疑者とされたリチャード・ジュエルを演じるのは、『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』で個性的な演技が高く評価されたポール・ウォルター・ハウザー。
愛する息子の無実を信じ、彼に寄り添う母にオスカー女優キャシー・ベイツ。
ジュエルの無実を信じる弁護士ワトソンを、『スリー・ビルボード』でアカデミー賞®《助演男優賞》に輝いたサム・ロックウェルが演じている。

クリント・イーストウッドが描く、アトランタ爆破事件の真実—

1996年アトランタ爆破事件。
この恐るべき事件の真相は、「報道断罪」によって第一容疑者に仕立てられた極端な事例である。
当時のメディアはジュエルを執拗に犯人扱いした。
そのため、88日後にジュエルの容疑が晴れたことを記憶にとどめている人は世界中でも、ほとんどいない。
「早まった結論」「メディアの功罪」という時事性の高いテーマを斬るのは、2020年で90歳を迎える映画界の巨匠クリント・イーストウッド。
サスペンスとミステリーの要素を強調し、『アメリカン・スナイパー』を超える緊迫感と共に”知られざる真相“への興味と感心を絶えず刺激し続けながら、ジュエルと弁護士の絆を真実のヒューマンドラマとして描き出した本作で、彼が世界へ伝えたかったメッセージとは――。

全世界待望のクリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』は、2020年1月17日(金)、全国ロードショー。

タイトル:リチャード・ジュエル(原題:RICHARD JEWELL/全米公開12月13日)
監督/製作:クリント・イーストウッド
原作:マリー・ブレナー バニティ・フェア 「American Nightmare―The Ballad of Richard Jewell」
脚本:ビリー・レイ『キャプテン・フィリップス』
製作:ティム・ムーア、ジェシカ・マイヤー、ケビン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイビソン、ジョナ・ヒル
出演:サム・ロックウェル(『スリービルボード』)、キャシー・ベイツ(『ミザリー』)、ポール・ウォルター・ハウザー(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 )、
オリビア・ワイルド(『トロン:レガシー』)、ジョン・ハム(ドラマ『MAD MEN マッドメン』)
公式サイト:richard-jewell.jp #リチャードジュエル
© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)