海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

カンザス~NY間1,600㎞をひたすら直線で繋いで500億円を稼ぐ!?

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』

©2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions

『マネーボール』や『マネー・ショート 華麗なる大逆転』など数多くの映画化原作を持つマイケル・ルイス著「フラッシュ・ボーイズ10億分の1秒の男たち」にも記されている、株式の高頻度取引に絶対的勝利をもたらすため、カンザス州からニューヨーク証券取引所までの約1,600㎞を直線のネットワークでつなぎ0.001 秒の時間短縮を目指した熱き男たちの実話を基にした物語。
プロジェクトを発案する主人公ヴィンセントに『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグ、そのバディであり、従兄弟の天才プログラマ―アントンに『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルドを迎え、0.001秒の短縮に熱狂するベンチャー企業を描く人間ドラマが誕生!

全国公開を前に本作を鑑賞した著名人たちに、主人公ヴィンセントたちの0.001 秒を諦めない熱意が伝染!?
自分にとって“仕事”とは、“0.001 秒とは”についてそれぞれ考えを熱く語っています。
―――――――――――――――
◆品川祐(芸人・映画監督)
0.001秒の短縮のために1600キロ直線で繋ぐ。
よく仕事でも私生活でも「こうしたら、もっとこうなるのに」って思うことがありますよね。
でも「現実的には無理だ」と言って実行にはうつさない人がほとんど。
それを実際にやるとこんなドラマになるんだなぁジェシー・アイゼンバーグは今回も見事!
≪自分にとって“仕事”とは?≫
仕事を仕事と思っていない。24時間生活すべてがお笑いに成り得るし、映画の脚本も常に考えている。
だから仕事は僕にとって全てです
―――――――――――――――
◆島田洋七(漫才師)
僕のレベルではよくわかりません。現実にこのような事があったら働くって何なのかな~と思います。
自分はこんな沢山お金はいらん‼
≪自分にとって“仕事”とは?≫
仕事とは死ぬまでの暇つぶし。
―――――――――――――――
◆箕輪厚介(幻冬舎 編集者)
荒唐無稽なことを当たり前に実現できると考える、主人公ヴィンセントのような頭のオカシイ0.001%の人間が世界を変える。
やりたいことがあるかどうかなんて愚問、とにかく行動したくなる映画。令和一面白い!
―――――――――――――――
◆森永卓郎(経済アナリスト)
本作は、千分の1秒を争う金融取引を舞台にしているがそれを賛美するものではない。
むしろ金融取引の虚しさを露わにし人間はどんな仕事をすればよいのかを問いかける痛烈な金融資本主義批判だ。
すべての働く人に観てもらいたい労働経済学の教科書でもある。
≪自分にとって“仕事”とは?≫
仕事は、額に汗して働くことだ。
だから、だましたり、奪ったりしてはいけない。
ましてや、カネにカネを稼がせるなど、もっての他だ。私はそう考えて、仕事をしてきた。

【STORY】
野心家のヴィンセントと従兄弟の天才プログラマーのアントンは、カンザス州のデータセンターからNY証券取引所を直線1,600kmの光回線で繋ぎ、従来よりも0.001秒速いネットワークを実現するプロジェクトを立ち上げた。
これが実現すれば、株式の高頻度取引(ミリ秒単位の高速で株の売買を行うシステム)において、年間500億円以上の利益を得られる。
しかし彼らの前には、一万件の土地買収など、苦難に次ぐ苦難が立ちふさがった―。

タイトル:『ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち』
公開日:9月27日(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー
配給:ショウゲート
公式サイト:hummingbirdproject-movie.jp
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アレクサンダー・スカルスガルド、サルマ・ハエック、マイケル・マンド
監督・脚本:キム・グエン
©2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
2018年/カナダ・ベルギー/カラー/5.1ch/スコープ/英語/111 分/原題:THE
HUMMINGBIRD PROJECT/日本語字幕:松浦美奈/字幕監修:松浦基晴/金融監修:阿部重夫

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)