海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

クリスチャン・ベール インタビュー『荒野の誓い』

『荒野の誓い』

© 2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.

クリスチャン・ベール主演、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ共演の映画『荒野の誓い』が9月6日(金)から全国公開。

『ブラック・スキャンダル』、『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーがメガホンを取った本作の舞台は1892年のアメリカ、産業革命によって急激な変化を遂げつつある西部の開拓地。
インディアンとの戦争で武勲を上げた英雄で、刑務所の看守を務めている騎兵隊大尉ジョーは、かつての宿敵で、ここに服役しているシャイアン族の長イエロー・ホークとその家族を部族の居留地へと送り返す任務を命じられる。
イエロー・ホークはガンに冒され、余命わずか。
アメリカ・インディアンを今も憎んでいるジョーは嫌々ながら、このミッションを引き受けた。
ニューメキシコからコロラド、そしてモンタナへ。コマンチ族の蛮行によって家族を殺された女性ロザリーも加わり、一行は北を目指す。
行く手に待ち受けるのは、ならず者たちの相次ぐ急襲。危険に満ちた旅をとおして、ジョーは気づく。イエロー・ホークと協力しないことには、生きてはいけない状況に置かれて
いることを……。

本作で伝説の騎兵隊大尉・ジョー・ブロッカーを演じたのは、体重を20キロ増量して米史上最強で最凶と言われるチェイニー副大統領役に挑んだ『バイス』で第 76 回ゴールデン・グローブ賞受援男優賞を受賞したクリスチャン・ベール。
スコット・クーパー監督がクリスチャン・ベールのために書いたという脚本を初めて読んだ時、ベールは「物語にある不朽の人間的要素に心を打たれ、幾つかの細部が非常に深く心に響いた」という。
そんな彼が「本当に素晴らしい役者に囲まれて、撮影は非常に楽しいものでした。全員同じシーンに出演していながら、みんな個性が異なり、後悔している人間など一人もいませんでした。本当に、本当に、満足のいく撮影でした。」と本作について語るインタビュー映像をこの度解禁。

【STORY】
1892年アメリカ。産業革命によって辺境の地が急速に開拓地や街へと変貌を遂げつつあるニューメキシコ州。
インディアン戦争の英雄で、現在は看守を務める騎兵大尉のジョー・ブロッカー(クリスチャン・ベール)は、かつて宿敵関係にあり、寿命僅かなシャイアン族の長イエロー・ホ
ーク(ウェス・ステューディ)とその家族を、部族の所有地があるモンタナ州へ護送する任務に就く。
道中にコマンチ族の殺戮により家族を失ったトラウマを持つロザリー・クウェイド(ロザムンド・パイク)と出会い、彼女もこの一触即発の旅に加わることに。一行は厳しい辺境地をなんとか乗り越え、1,000マイルほど移動した頃、遂にお互いの協力なしでは生きていけない状況に陥ってしまう。
果たして彼らは敵意と恐怖心を押し殺し、手を取り合い、目的地まで辿り着くことができるのだろうか。

出演:クリスチャン・ベール、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ、ベン・フォスター、ティモシー・シャラメ
監督・脚本・製作:スコット・クーパー(『ブラック・スキャンダル』『ファーナス 訣別の朝』『クレイジー・ハート』)
撮影:マサノブ・タカヤナギ(『スポットライト 世紀のスクープ』)
2017/アメリカ/135分/英語・シャイアン/シネマスコープ/DCP5.1ch/原題:HOSTILES
配給:クロックワークス/ STAR CHANNEL MOVIES
提供:東北新社
© 2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)