海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

三つの秘密、二つの裏切、一つの事件が絡み合うスタイリッシュサスペンス

『サラブレッド』


コネティカットの広大な屋敷や乗用馬厩舎、上流階級の世界を舞台に、長年疎遠だった幼馴染みの少女二人(アマンダ&リリー)は、再会し心を通わせていく。
友情が深まるにつれ、お互いの凶暴な性格が顔を出し始め、やがて自分達の人生を軌道修正する為に、リリーと不仲だった継父の殺害を計画を…。
幼馴染みの二人の少女アマンダ&リリーの「凶暴な友情」とは?
ラッグの売人ティムを演じた故アントン・イェルチンの姿も!
パルコ配給作品『サラブレッド』が、9/27(金)よりシネクイント、シネマカリテほかで全国ロードショー!!

アマンダ役を演じたのは、『レディ・プレイヤー1』でヒロインに抜擢された、実力派女優オリヴィア・クック。
リリー役には、『スプリット』でメイン・キャストを演じた、個性派女優アニャ・テイラー=ジョイ。
そして、ティム役には、『スター・トレック』シリーズで一気にブレイクし本作が遺作となった演技派俳優アントン・イェルチン。
さらに、監督・脚本を手掛けたのは、ニューヨークで演出家・劇作家として活躍し、本作がデビュー作となる新人監督コリー・フィンリー。
サンダンス映画祭観客賞を始め、ゴッサム賞脚本賞やインディペンデント・スピリット賞新人脚本賞など、インディペンデント作品を対象とする映画賞に多数ノミネートされたスタイリッシュ・サスペンス!
ポスタービジュアルでは、達観した表情の無感情なアマンダと物憂げで不安そうな表情の感情的なリリーが、ソファーの上で寛ぎながらも、目線を外し少し距離を置く姿が写し出されている。
また二人の下で反転しているのは、リリーが住んでいる巨大なお屋敷に佇む、ドラッグの売人で共犯者のティム。
「三つの秘密、二つの裏切、一つの事件が絡み合う」というキャッチコピーと共に、謎に満ちた三人の関係性を示唆するビジュアルとなっている。
また、本作が映画の監督・脚本デビュー作となるコリー・フィンリーは、「この数年間、ある会話劇が私の頭の中を席巻していました。その会話は、コネティカット州の郊外に住む二人のティーンエイジャーの口から発せられる事になりました。そのうちの一人の主人公アマンダは、自分にはあらゆる人間の感情が無いという確信を持ち、感情を持っているように見せかけながら生きてきました。もう一人の主人公リリーは、一見すると敏感で社会に上手く順応しているように思えますが、実は途轍もなく大きな衝動的感情を隠し持っています。その感情が発露すれば、思慮分別は全て消え去り、周りからの評価は一転してしまうでしょう。彼女達のこんがらがった友情がこの物語の軸となりました。『サラブレッド』は、元々は舞台劇を想定していたんです」と、演出家・劇作家ならではの製作のきっかけを語っている。

【STORY】
長年疎遠だった幼馴染みの少女アマンダ(オリヴィア・クック)とリリー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、コネティカット州の郊外で再会する。
鋭いウィットを磨いて強烈な個性を育んだアマンダは、そのせいで社会からのけ者にされていた。
一方、上品で洗練された上流階級のティーンエイジャーに成長したリリーは、名門校に通いながら一流企業でのインターンも経験していた。全くの正反対に思えた二人は、リリーが抑圧的な継父を憎んでいると発覚した事がきっかけで心を通わせていくが、友情が深まるにつれて互いの凶暴な性格が顔を出し始める。やがて、自分達の人生を軌道修正する為、二人はドラッグの売人ティム(アントン・イェルチン)を雇い、継父の殺害を依頼するが…。

■監督・脚本:コリー・フィンリー 
■出演:オリヴィア・クック、アニャ・テイラー=ジョイ、アントン・イェルチン
ユニバーサル映画 配給:パルコ 
PG12 
(C)2019 Universal Studios. All Rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)