海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

世界を感動で包んだベストセラーを映画化!“電気を起こす風車”で村を救った14歳少年の奇跡の実話

『風をつかまえた少年』

© 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC

世界23カ国で翻訳され、池上彰氏やUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)特使も務める女優アンジェリーナ・ジョリーも絶賛したベストセラーの映画化『風をつかまえた少年』が8月2日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他にて全国公開!!

この度、主人公ウィリアムが愛犬のカンバを連れて親友と初登校をする本編映像のシーンが解禁!

解禁された本編映像はウィリアムが中学校に愛犬“カンバ”を連れて初めて登校するシーン。
カンバは尻尾を振りウィリアムにくっつきながら、軽快なステップで木々の間をするりと抜けて歩く名演技を見せる。
親友のギルバートと合流し、憧れの制服を着ての登校に喜ぶウィリアム。
カンバが尻尾を振って2人の先頭を歩く様子から、彼らがこれから学ぶことへの期待に胸を踊らせている様子が映し出されている。

さらに、マックスウェル・シンバのコメントも到着!
ギルバートとの友情や、学ぶことの大切さについて語ります。

本作でウィリアムを演じるのは、演技初となるマックスウェル・シンバ。
親友、ギルバートとの関係性について「ギルバートはイスラム教徒で、ウィリアムはキリスト教。イスラム教とキリスト教には溝があるけど、分断されちゃダメだ。僕らは違う教えを通して同じ神様を信仰してる。違いはそれだけで、友情を育む。宗教や生い立ちが違っても仲良くすることはできるんだ。」と宗教を超えた2人の友情について語る。
また、映画ではウィリアムは授業料が払えずに、退学を余儀なくされてしまう。
マックスウェルは「ウィリアムは勉強を続けるために授業に忍び込む。授業料が払えないから仕方なかった。彼の望みは学ぶことと風力発電機をつくること。もし貧困で授業料を払えないなら、どうにかしてあげるべきだ。きっと、その子は教育を受けることで、人生に役立つ何かを学べる。無学なままだと生きるのは大変だよ。」と学ぶことの大切さについてもコメント。

子供も大人も学ぶことの大切さについて考えるきっかけとなる本作。
この夏休みに、ぜひ親子でご鑑賞ください!

【ストーリー】
2001年、アフリカの最貧国マラウイを大干ばつが襲う。
飢餓による貧困のため通学を断念した14歳の少年ウィリアムは図書館で一冊の本に出会い、独学で風力発電を造り上げることを思いつく。
電気で家族を助けたい。少年のまっすぐな思いが未来を切り開いていく――。

監督・脚本・出演:キウェテル・イジョフォー 『それでも夜は明ける』
出演:マックスウェル・シンバ、アイサ・マイガ
原作:「風をつかまえた少年」ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー著(文藝春秋刊)
提供:アスミック・エース、ロングライド
配給:ロングライド
公式サイト:longride.jp/kaze/

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)