海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』米・サンディエゴホラーイベント開催!約2,000人の観客が大熱狂!!

New Line Cinema's 3rd annual ScareDiego presents IT CHAPTER TWO at San Diego Comic-Con 2019, San Diego, USA - 17 July 2019

Andy Bean, Isaiah Mustafa, James Ransone, Bill Hader, Jessica Chastain, Andy Muschietti, Director, James McAvoy, Jay Ryan

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、2017年に公開し、3日間で1億2,300万ドル突破のオープニング記録を打ち立て、全世界興行収入7億ドル超えを達成し全世界で社会現象化!そしてあの恐怖から2年、『IT/イット』が遂に完結する!史上No.1のホラーエンターテイメント『IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』が、11月1日(金)全国公開!

舞台は前作から27年後。次々と子供たちが消える「連続児童失踪事件」が再び発生し、「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という不穏なメッセージが、“それ”と対峙したかつての子供たちに届く。「再び“それ”が現れたら僕たちも戻る」と誓った27年前の<約束>を守るため、忌まわしき町デリーに帰ってくる “ルーザーズ・クラブ”の仲間たち。前作を上回るスケールと予想外の展開で、ホラーエンターテイメントの頂点を飾る最高傑作が完結!

現地時間7月17日(水)にホラー関連イベントであるスケアディエゴが、アメリカ・サンディエゴで行われた。ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャスティン、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファ、ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、アンディ・ビーンら本作に“大人ルーザーズ・クラブ”の豪華キャスト陣と、アンディ・ムスキエティ監督が登場!会場に集まった約2000人のマスコミと一般のファンたちから歓声が沸き起こった。

本作では子供から大人へと成長を遂げる“大人ルーザーズ・クラブ”のキャスティングが世界の注目を集めた。配役について問われたムスキエティ監督は、「僕らにはベストな子供たちが必要だった。そして製作過程で、誰が彼らのキャラクターが大人になった時を演じるべきかを考え始めた。完全にこの映画で僕がキャスティングしたかった俳優たちに出演してもらえたんだ」と、キャスティングについて明かし笑みを見せる。
ビル・ヘイダーは「アンディは最高の監督だった。彼との会話は、ホラー映画とかいろんなことについてだけど、僕はあまりそういう雰囲気が得意じゃない。僕はただ笑ってしまうんだ。そして僕らのキャラクターには、たくさんのエモーショナルなことが起こるんだ」と、監督との作品作りを絶賛!
チャスティンは「私はアンディと他の映画で一緒に仕事をしているんだけど、この作品のような奇妙な人々のひとり。楽器を演奏したり。彼は素晴らしいアーティストなのよ」と、監督の才能に賞賛のまなざしを見せた。
主人公ビルを演じたマカヴォイは「子供時代のトラウマというのは、いろんなことを含む大きなことだと思う。この映画のすべてのキャラクターたちが持っている。僕にとってのリサーチは、罪悪感についてだった。必ずしも子供時代のトラウマじゃないけどね」と自身の役作りについてコメント。

イベントでは、初解禁となる最新予告映像と本編映像が公開され、会場は大熱狂!
さらにファンたちとのQ&Aも行われ、イベントは異様な熱気に包まれた中幕を閉じた。
9月6日(金)の全米公開までいよいよ2か月を切り、今までヴェールに包まれていた本作の新情報から目が離せない!!

監督:アンディ・ムスキエティ
原作:スティーヴン・キング 
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
出演:ビル・スカルスガルド、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャスティン、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファ、ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、アンディ・ビーンほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://itthemovie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/IT_OWARI  ハッシュタグ:#イット見えたら終わり

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)