海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『トイ・ストーリー4』のダッキー&バニー! チョコプラが演じるユーモア溢れる吹替版本編シーンが公開

TOY STORY 4

HANGIN’ AROUND – In Disney·Pixar’s “Toy Story 4,” Buzz Lightyear finds himself among a host of carnival prizes—including Ducky and Bunny, who’ve been waiting a long time to be won. They aren’t exactly welcoming to the Space Ranger—the odds are already stacked against them, and who needs that kind of competition? Featuring Tim Allen as the voice of Buzz, Keegan-Michael Key as the voice of Ducky and Jordan Peele as the voice of Bunny, “Toy Story 4”opens in U.S. theaters on June 21, 2019. ©2019 Disney•Pixar. All Rights Reserved.

人とおもちゃの絆をドラマティックに描き、 世界中の観客を感動の渦で包み込んだディズニー/ピクサーの大傑作 「トイ・ストーリー」シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が7月12日(金)に公開された。

そんな本作は、チョコレートプラネットが声優を務めるダッキー&バニーが登場!所ジョージ演じるバズと初めて出会いユーモアたっぷりの掛け合いが詰まった本編シーン、息の合った掛け合いができるチョコレートプラネットだからこそ演じられたダッキー&バニーに、注目が集まること間違いないだろう。

ダッキー&バニーは移動遊園地の射的の景品のぬいぐるみ。しかし、ずっと当ててもらえず残っており、いつか子供に持ち帰ってもらうことを夢見ている。見た目はとても可愛らしいが、実はウッディやバズたちを呆れさせるほど喋り倒す。本作ではバズを蹴ろうとするダッキーだが足が短くて届かず、バニーに助けを求める。バニーは分かっていながらも「ちゃんと言わないと分かんないよダッキー」と意地悪をしてみる。ダッキーは「足の長さが届かないの!まったく。いつもやってるだろ。付き合い長いんだ。空気で分かれ」とまるでお笑い芸人のようなツッコミで、息の合った掛け合いはコンビだからこそ演じられるキャラクターなのだ。

オリジナル版も人気コメディアン(キーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピール)が声優を務めており、日本版声優には絶妙な掛け合いを見せるチョコレートプラネットが熱演。製作のジョナス・リヴェラは「私たちが求めているのは、演じる人がもたらしてくれる人間味だよ。演じるキャラクターのことを深く掘り下げて命を吹き込んでくれるからこそ、キャラクターが魅力的になるんだ」と語っている。劇中でも強烈な個性を放つダッキー&バニーはウッディやバズとどのような駆け合いを見せてくれるのか?

そんなチョコレートプラネットには既に大絶賛の声が相次いでいる。オーディションを勝ち抜いているだけあって、実力もさながらユーモアとコンビ愛に溢れるダッキー&バニーのイメージにぴったりのようだ。日本のファンからも愛されるキャラクターになることは間違いないだろう。 これまでの『トイ・ストーリー』とは違う“何 か”を予感させる本作。最後にウッディが選んだ驚くべき決断とは?この夏、本編シーンでもダッキー&バニーの魅力がたっぷり詰まった「トイ・ストーリー」史上最大の奇跡が遂に幕を開けた!

■監督:ジョシュ・クーリー
■製作:ジョナス・リヴェラ、マーク・ニールセン
■全米公開日:6月21 日
■日本版声優:唐沢寿明、所ジョージ、戸田恵子、竜星涼、新木優子、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)ほか
■日本版主題歌「君はともだち」ダイアモンド✡ユカイ
■原題:Toy Story 4
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)