海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『荒野の誓い』クリスチャン・ベールが強烈な生きざまで魅せる予告編&ビジュアル解禁

荒野の誓い

© 2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.

クリスチャン・ベール主演、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ共演の映画『荒野の誓い』が9月6日(金)から全国公開となる。

『ブラック・スキャンダル』、『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーがメガホンを取った本作の舞台は1892年のアメリカ、産業革命によって急激な変化を遂げつつある西部の開拓地。
インディアンとの戦争で武勲を上げた英雄で、刑務所の看守を務めている騎兵隊大尉ジョーは、かつての宿敵で、ここに服役しているシャイアン族の長イエロー・ホークとその家族を部族の居留地へと送り返す任務を命じられる。イエロー・ホークはガンに冒され、余命わずか。アメリカ・インディアンを今も憎んでいるジョーは嫌々ながら、このミッションを引き受けた。ニューメキシコからコロラド、そしてモンタナへ。コマンチ族の蛮行によって家族を殺された女性ロザリーも加わり、一行は北を目指す。行く手に待ち受けるのは、ならず者たちの相次ぐ急襲。危険に満ちた旅をとおして、ジョーは気づく。イエロー・ホークと協力しないことには、生きてはいけない状況に置かれていることを……。

ドラマ、演出、演技、映像がハイレベルのクオリティで噛み合い、奇跡の逸品へと昇華した本作は、『悪党に粛清を』『ある決闘 セントヘレナの掟』に続く、ウェスタン・ノワールの第3弾。魂を揺さぶらずにおかない令和最初の傑作だ。
この度、伝説の陸軍大尉を演じるクリスチャン・ベールが強烈な生きざまで魅せる予告編と本ビジュアルが解禁される。
スコット・クーパー監督が脚本執筆時にジョー役に当て書きしたというベールについて「彼には、この役が本当に宿っていた。米国南西部で過ごした男らしい粗野な感じや、タフさが滲み出ていたよ」と語る通り、不本意ながらかつての宿敵を護衛する任務に就き、命がけの過酷な旅を続け、「神は長い間この辺りの状況が見えていない」と苦悩を口にする、長年闘いに明け暮れてきた男の焦燥感を見事に体現するクリスチャン・ベールの姿が描き出されている。
20キロ増量して悪名高き副大統領ディック・チェイニーの20~70代までを演じきった『バイス』や、ル・マン24時間レースで王者フェラーリに挑み、表彰台を独占することになるフォードのレーシングドライバーを演じる『フォードvsフェラーリ』(2020年1月公開予定)等、常に出演作が注目を集めるクリスチャン・ベールが本作ではどんな演技を見せるのかが要注目だ。

■出演:クリスチャン・ベール、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ、ベン・フォスター、ティモシー・シャラメ
■監督・脚本・製作:スコット・クーパー(『ブラック・スキャンダル』『ファーナス 訣別の朝』『クレイジー・ハート』)
■撮影:マサノブ・タカヤナギ(『スポットライト 世紀のスクープ』)
■2017/アメリカ/135分/英語・シャイアン/シネマスコープ/DCP5.1ch/原題:HOSTILES
■配給:クロックワークス/ STAR CHANNEL MOVIES 提供:東北新社 © 2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.
■9月6日(金)新宿バルト9 ほか全国公開

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)