海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

伝説的ミュージシャン “エルトン・ジョン” の半生を映画化した『ロケットマン』が8月23日(金)日本公開決定!

仮メイン

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーという話題のタッグで贈る、音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」にも選ばれた伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンターテイメント超大作映画『ロケットマン』。
今回解禁されたのは、タロン扮するエルトン・ジョンが、両親から満足な愛情を注がれずに育った少年時代から、並外れた音楽の才能を認められ、瞬く間に伝説的ロックミュージシャンへの道を駆け上がっていく様子が、幻想的なミュージカルパートともに描き出される特報映像。過酷なボイストレーニングを経て、劇中でのエルトン・ジョンの楽曲を吹き替え無しで歌いきったというタロンの渾身の美しい歌声も、エルトンの大ヒット曲「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」に乗せて高らかに響き渡り、『ボヘミアン・ラプソディ』で感動を巻き起こしたデクスター・フレッチャー監督が手掛ける新たな音楽映画の傑作誕生にますます期待が高まる!

エルトン・ジョンを演じるタロン・エガ-トンのほか、『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベル、『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード、『シンデレラ』のリチャード・マッデンといった、実力派キャストが集結!昨年の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』では製作総指揮を務め、監督のブライアン・シンガーが撮影中に降板した後には、監督を代行し、作品を完成させたことでも話題を呼んだデクスター・フレッチャーが監督を務めたほか、『キングスマン』シリーズの監督マシュー・ヴォーンと、エルトン・ジョン自身も製作として参加し、心を震わせる数々の名曲で彩られた胸熱のシーンが実現している。
『ボヘミアン・ラプソディ』と『キングスマン』のスタッフ・キャストが、誰もが一度は耳にしたことのある世界的大ヒット曲にのせて描く、誰も見たことの無いミュージック・エンターテイメント超大作が今、幕を開ける!

■監督:デクスター・フレッチャー『ボヘミアン・ラプソディ』 製作総指揮、監督
■脚本:リー・ホール『リトル・ダンサー』
■製作:マシュー・ヴォーン『キングスマン』シリーズ、エルトン・ジョン
■キャスト:タロン・エガ-トン、ジェイミー・ベル、
      ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデン
■全米公開:2019年5月31日(予定)
■原題:ROCKETMAN
■配給:東和ピクチャーズ

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)