海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より全国公開

2488_TP2_00032R_リサイズ


イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作で監督/脚本/製作を手掛け、その名を世界に知らしめたピーター・ジャクソンが映画化。
“都市が移動し、都市を喰う世界”を舞台に、衝撃的で新しく、壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より全国公開となります。

たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後の世界。
残された人類は空や海、そして地を這う車輪の上に移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を“捕食”することで資源や労働力を奪い生活している。“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えたこの地上は、巨大移動都市“ロンドン”によって支配されようとしていた。他の都市を次々に飲み込み成長を続けるロンドンを前に、小さな都市と人々が逃げるようにして絶望的な日々を送る中、一人の少女が反撃へと動き出す―。

『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで6度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を
見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げます。

今回到着したのは、ロンドンの考古学者サディアス・ヴァレンタインを演じたヒューゴ・ウィーヴィングが、製作を務めたピーター・ジャクソンとともにヴァレンタインというキャラクターの魅力について語る特別映像!

国民から尊敬され、市長からは特別階級と特権を与えられるほど、ロンドンで最も人望の厚いヴァレンタイン。しかし、ジャクソンが「本当に恐ろしい男だ。新たな指導者になることを望んでいて、最初のイメージとはまったく違う残忍な悪なんだ。」と目を丸くして明かすように、その裏では世界を支配するというとんでもない計画を企てている!
ヒューゴはそんな自身の役について「非常に名高い男だ。死に瀕しているこの世界には衝撃が必要だと考えている。目的のためなら誰が死んでも構わない」と心に秘めた野望を叶えるためなら犠牲を厭わない冷徹なヴァレンタインの性格を分析。その言葉の通り、映像では凛々しい表情でロンドンを正しき方向へ導いているかと思いきや、怪しいマシンを背に「これがあれば世界を支配できる!」と欲望をむき出しの発言を披露!
またある出来事をきっかけに、ヴァレンタインへの復讐を狙う主人公ヘスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)の存在を警戒する素振りも見られ、ふたりの一騎打ちの行方も気になる映像となっている!

ヴァレンタインという二面性を持った複雑なキャラクターに俳優をキャスティングするにあたり、製作陣のなかではヒューゴ・ウィーヴィングが満場一致だったそう!
ピーター・ジャクソンは「ヒューゴは自信にあふれているし、完全に信頼を置いているよ。ヴァレンタインは歪んだモラルの持ち主で、ヒューゴはそんなキャラクターに堂々とした沈着さを与えることができる。それに、ヴァレンタインのダークな面を驚きの方法で掘り下げていくんだ」と、その見事な仕事っぷりを大絶賛している。

『マトリックス』シリーズや『トランスフォーマー』シリーズで幅広く活躍するだけでなく、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズですでにジャクソンとの信頼関係をも築き上げたヒューゴ・ウィーヴィングとヴァレンタインの劇中の活躍にも是非ご注目ください!!!

■製作:ピーター・ジャクソン
■監督:クリスチャン・リヴァーズ
■出演:ヘラ・ヒルマー,ロバート・シーアン, ヒューゴ・ウィーヴィング,ジヘ,ローナン・ラフテリー,レイラ・ジョージ,パトリック・マラハイド,スティーヴン・ラング
■原作:フィリップ・リーヴ著/安野玲 訳「移動都市」(創元SF文庫刊)
■原題:Mortal Engines 
(C)Universal Pictures
■公式HP:http://mortal-engines.jp

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)