海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『クリード 炎の宿敵』時代を超えて魂のバトンが渡される因縁の対決。

クリード 炎の宿敵

主人公アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)とロッキー(シルベスター・スタローン)
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

前作に続く主人公アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)とロッキー(シルベスター・スタローン)の師弟愛、33年の時を経てロッキーへの復讐を目論むドラゴ親子の隠れたドラマ、息子同士の熱いファイトシーンが話題となり、1月11日の日本公開から早くも2019年No.1映画に推す声もあがる中、「#クリード男泣き」する観客が続出している。

期間限定で、「ロッキー」&「クリード」シリーズの熱烈なァンであるライムスター宇多丸さんを特別審査員として迎え、「最号泣コメント」キャンペーンが緊急開催された。多くの投稿から、宇多丸さんの心を震わせた“最も泣けるコメント”が本日発表となった。

熱いコメントの発表に合わせて、主人公アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)と宿敵ドラゴ親子が、宿命の戦いに向けてトレーニングに励む本編映像が解禁となった。イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)はアドニスの父アポロ・クリードをリングに沈めた男であり、アドニスは絶対に負けるわけにはいかない。映像ではアドニスとヴィクター・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)のトレーニングが対比で描かれる。

映像のラストでは、アドニスが「クリード対ドラゴ、因縁の対決だ。だから挑戦を受け入れた? 

クリードとドラゴの戦いを皆が望んでいる」と戦いへの決意を表明。

胸を熱くするコメントとリアルなトレーニングシーンの先で、世紀のタイトルマッチのゴングがを鳴り響く。劇場へ急げ!

『クリード 炎の宿敵』丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 大ヒット上映中!

■出演:シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン(『ブラックパンサー』)
■監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
■配給:ワーナー・ブラザース映画 ■公式サイト:www.creedmovie.jp
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)