海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

史上唯一成功したナチス高官の暗殺計画.誰も知らない真実の物語 『ナチス第三の男』映像解禁!

『ナチス第三の男』

1月25日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開
©Photo by Bruno Calvo All rights reserved

ハイドリヒを演じるのは、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』など話題作への出演が絶えないジェイソン・クラーク。その妻リナに、『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク。さらに、若き暗殺実行犯に、ジャック・オコンネルとジャック・レイナー。レジスタンスの恋人役でミア・ワシコウスカら豪華キャストが脇を固め、各々の眼差しが世界を震撼させた激動の時代を浮き彫りにする。今回解禁された約5分にも及ぶ冒頭映像では、ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、“ナチス第三の男”と呼ばれたラインハルト・ハイドリヒが38歳の若さで暗殺された瞬間が描かれている。
優しい父の顔の裏にあるのは、“ユダヤ人大量虐殺”の名をもつ恐ろしい姿。
彼はなぜそのような凶悪な人物に成り代わってしまったのか…。

映像化オファー殺到のなか、映画化権を獲得したセドリック・ヒメネス監督は、怪物・ハイドリヒの人間性に真正面から迫り、特筆すべき歴史的瞬間を忠実に再現。さらに、決して理想を諦めず、自国のために立ち上がった青年らの痛切な運命を瑞々しい心理描写で表現。ナチス側とレジスタンス側の両極に位置する人々の足跡に深く入り込むことで、想像を絶する真実を圧倒的なリアリティで表現した。

ラインハルト・ハイドリヒ。
その冷徹極まりない手腕から“金髪の野獣”と呼ばれ、ヒトラーさえもが恐れた男。かつては海軍の兵士だったが、女性問題によって不名誉除隊を余儀なくされ、妻の奨めでナチ党に入党。自分の一部だったものをもぎ取られ、ナチ運動に怒りのはけ口を見つけた男は、諜報活動で頭角を現し、瞬く間に党幹部へとのしあがる。さらに、150万人を超えるユダヤ人虐殺の首謀者として、絶大な権力を手にしていく。
一方、この抑止不能な男の暴走を止めるべく、チェコ亡命政府によって選抜された2人の若き兵士が、闇夜に紛れパラシュートでプラハに潜入した。綿密な計画を立てて待つこと数ヶ月、1942年5月27日、遂に決行の朝はやってきた。ハイドリヒを乗せたメルセデスが市街地に入り、路面電車の後から姿を現した――。

本屋大賞翻訳小説部門第一位!「HHhH プラハ、1942年」待望の映画化『ナチス第三の男』が、1月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公。

【出演】ジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ
【監督】セドリック・ヒメネス  

2017年 フランス・イギリス・ベルギー合作/120分/カラー/原題:THE MAN WITH THE IRON HEART
日本語字幕:松岡葉子  
原作:ローラン・ビネ/高橋啓訳 「HHhH プラハ、1942年」(東京創元社刊)
提供:アスミック・エース、バップ
配給:アスミック・エース 後援:チェコ共和国大使館 R15+

hhhh-movie.asmik-ace.co.jp
(C)Photo by Bruno Calvo All rights reserved

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)