海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

今、地球上で最もホットな俳優ティモシー・シャラメの美しすぎる最新作!『ビューティフル・ボーイ』実話に基づく、愛と再生の物語。

『ビューティフル・ボーイ』

『ビューティフル・ボーイ』2019年4月全国公開
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

アカデミー賞最優秀脚色賞受賞、主要4部門にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』で、世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメ。映画界だけでなくファッション界においても今一番ホットな男の最新作『Beautiful Boy』が『ビューティフル・ボーイ』の邦題にて2019年4月に全国公開となることが決定した。

本作は8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetflixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物と、彼を支え続けた家族の物語。製作はブラッド・ピットが代表を務めるプランBエンターテインメント(『ムーンライト』、『それでも夜は明ける』など)、ブラッド本人がプロデュースを手掛ける。息子と父親それぞれの視点から描いた2冊の回顧録を原作とした、愛と再生を描く本作でシャラメはその息子ニック役を、父親デヴィッドを『フォックスキャッチャー』のスティーヴ・カレルが熱演。2018年のアカデミー賞授賞式でゲイリー・オールドマンに「君は絶対ここに戻ってくる」と言わしめたシャラメは本作で才能をいかんなく発揮し、先日発表されたゴールデン・グローブ賞でも助演男優賞にノミネートされるなど、賞レースを牽引中。ゲイリーの予言が早くも現実となるのか、本国のメディアや評論家からアカデミー賞助演でノミネートが有力視されており、賞レースに期待がかかる。

日本公開に合わせ、本作は原題そのまま(Beautiful Boy)の『ビューティフル・ボーイ』となった。「ビューティフル・ボーイ」と聞き、多くの人が連想するものに、1980年に発表された、ジョン・レノンによる同名楽曲がある。ジョン・レノンが当時5歳だった息子・ショーンのために書き、数々のアーティストによってカバーされ世界中で愛される曲。劇中でも、父・デヴィッドが、息子・ニックの子守唄として口ずさむ場面に使用されており、観客の感情を大きく揺さぶるシーンとなっている。“人生は長い道のり。毎日、あらゆることが少しずつ良くなっていくんだよ”と優しく語りかけるこの曲と父・デヴィッドが、息子・ニックを“愛し、見守り続ける”物語の世界観にシンクロしている。
また、このタイトルは、父・デヴィットから見た息子・ニックを表現しているが、ニックを演じるティモシー・シャラメは、まさに“ビューティフル・ボーイ”そのもの。この言葉を用いて形容することを誰しもが納得する“唯一無二の存在”として、劇中でもドラッグへ堕ちていく姿さえも美しく、観客の心を魅了するだろう。

■『ビューティフル・ボーイ』
2019年4月全国公開
配給:ファントム・フィルム
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)