海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

88分、試されるのはあなたの想像力!新感覚サスペンス『THE GUILTY/ギルティ』予告編とポスタービジュアルが解禁!

ギルティ_ポスター修正_確認

『THE GUILTY/ギルティ』2019年2月22日(金)日本公開
© 2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

「電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する」というシンプルな設定ながらも、予測不可能な展開で観る者を圧倒させ、第34回サンダンス映画祭では、『search/サーチ』(NEXT部門)と並び、観客賞(ワールド・シネマ・ドラマ部門)を受賞。その後も第47回ロッテルダム国際映画祭観客賞/ユース審査員賞、第44回シアトル国際映画祭 監督賞の受賞などに加え、世界中の映画祭で観客賞を総なめに。第91回アカデミー賞®外国語映画賞 デンマーク代表にも選出され、早くも2019年上半期の映画界を席巻する作品としての呼び声が高い注目作『THE GUILTY/ギルティ』の公開が、2019年2月22日(金)に決定し、その緊迫感あふれる予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

本作は、「電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する」というシンプルな設定ながらも、予測不可能な展開で観る者を圧倒させる、デンマーク発の新感覚サスペンス。

今回解禁になる予告編は、「真夜中の緊急指令室.、いつも通り一本の通報を受けた主人公(アスガ—)が、電話の相手の様子にどこか違和感を感じて、そのやり取りから電話先の女性が誘拐されているということに気づく。しかし、事件解決の手掛かりは電話の音だけ。果たして、彼はこの<見えない事件>にどう立ち向かうのか―」という緊迫感あふれる内容。ポスタービジュアルには、物語のキーとなる主人公の耳とヘッドセット、そして劇中に登場する無数の“声”の中に浮かぶ「犯人は、音の中に、潜んでいる」というコピーを映し出す。一秒足りとも聞き逃せない本作の緊張感を表現したビジュアルになっている。

本作が長編映画監督デビュー作となるグスタフ・モーラーは「音声というのは、誰一人として同じイメージを思い浮かべないということにヒントを得た。観客一人ひとりが異なる人物像を想像するのだ」と語る通り、人間の想像力を縦横無尽に操るという全く新しい映像表現を開拓。 視覚情報がない中、劇中に溢れる様々な“音”の中から、犯人を見つけ出せるのか―。

■『THE GUILTY/ギルティ』
2019年2月22日(金) 日本公開
配給:ファントム・フィルム
© 2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)