海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『クワイエット・プレイス』エミリー・ブラントの “母”の顔とは?本編映像到着!!

『クワイエット・プレイス』

主演エヴリン役を演じたエミリー・ブラント
(c) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

全米公開後、低予算ながら初登場 No.1 でオープニング成績 5000 万ドルという数字を叩き出し、累計興行収入も近年のホラー話題作を軽々超え、大ヒットとなっている『クワイエット・プレイス』が、9月28日(金)より日本公開となる。この度、母性溢れるエミリー・ブラントの本編映像が到着した。

「絶対に音を立ててはいけない世界」というオリジナリティ溢れる設定や、「ポップコーンを食べる音さえ躊躇するような静まり返った劇場」という、90分間“呼吸の音さえ恐怖に変わる”映画館の静けさが緊張感に変わる、劇場で初めて体験する現象にSNS上では口コミが殺到。スティーヴン・キングやクリス・プラット、ライアン・レイノルズら著名人も続々とSNSで絶賛コメントを投稿するなど「今一番みなくてはいけない映画」として、社会現象に近い口コミが拡がり話題を集めている。主演エヴリン役は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のハリウッドきっての実力派女優、エミリー・ブラント。その夫・リー役には、実生活でも彼女の夫である『プロミスト・ランド』のジョン・クラシンスキーが監督も務め、初のホラー作品ながらもこの大ヒットを飛ばし、新作のオファーが押し寄せている。

“音を立てたら、即死”という究極の状況下で妊娠をしているエヴリンが、出産に備え押し入れで血圧を測り、お腹に聴診器を当てお腹の中の子供の心臓の音を聞く様子が確認できる本映像。実生活でも二児の母親であるエミリーの“母親“としての顔が垣間見られるシーンに仕上がっている。

エヴリンというキャラクターについて「今作の母親はひどい環境にある中で、断固とした決意を持っているものの、子供に対しては母親の温かみも兼ね備えている」と説明するブラントは、本作について「今作で母親が体験することは、私にとっても最悪の悪夢であると思う。通常に生活でも、子供がどこにいるのか常に気になるから。今作のように、ひょっとしたら、子供を守りきることができないかもしれないという状況下は、とても怖いわ」と語る。
今回の役柄には大いに感情移入したそうで「これまで映画でそんな体験もしたことがなかったから、個人的に役柄に深く入り込んでいくことも怖かった。ただ、役柄に深く入り込んだことで、このキャラクターを完全に把握できたと思う。これは、私の日常の人生。私がただしたいと望むのは、子供達を守ること。私の考えることは、子供達の幸せのこと。だから、そんな母親を私は本当に理解できた。これまでの私の作品群の中でも、最もパーソナル役柄になったわ」と明かしている。

ブラントが実際に“母親“であることは、子役たちがスムーズに演技することにも役立ったようで、娘役を演じたミリセント・シモンズは「彼女が本当の母親としての経験を活かしていたところには特に感動した。こんなときでも子供たちが素晴らしい人生を送れるように機会を与え、必要なものはすべて与えようと試みる人物としてエヴリンを作り上げたの。彼女はそのエネルギーを私とノアに向けた。私たちとの仕事の仕方を心得ていて、すごくスムーズだった」と明かす。

果たして、声を出さずにはいられない出産という事態を、どうすれば音を立てずに乗り切ることができるか?!その結末は、是非劇場で確かめてほしい。

■『クワイエット・プレイス』
9月28日(金)より日本公開
配給:東和ピクチャーズ
(c) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)