海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『スカイスクレイパー』エレベーター垂直落下大作戦で業火を抜けろ! 決してマネしたくない本編抜粋映像解禁!

『スカイスクレイパー』

『スカイスクレイパー』9月21日(金)より日本公開
(c) Universal Pictures

最新アクション・エンターテインメント・スペクタクル映画『スカイスクレイパー』が9月21日(金)より日本公開となる。この度、燃え盛る高層ビル”ザ・パール”から家族を緊急脱出させるため、エレベーターをブチ下げるだけのあまりにもクレイジーな作戦を決行する本編抜粋映像が到着致した。

大火災によって退路を断たれたフロアから家族を脱出させるためにウィル(ドウェイン・ジョンソン)が立てた作戦、それは、愛する妻サラ(ネーヴ・キャンベル)と息子ヘンリー(ノア・コットレル)をエレベーターに乗せてワイヤーをぶった切り垂直落下させるというとんでもない方法だった!猛スピードで業火を抜けさせ、電磁制御と手動のブレーキレバーで安全な階に止まる、というむちゃくちゃな作戦に「正気なの?」と及び腰になるサラでしたが、過去にFBIの特殊チームに在籍し幾多の修羅場を経験してきたウィルの真剣な眼差しを信じ、覚悟を決めてヘンリーと共にエレベーターに乗り込みます。さすがにビビるヘンリーにも「勇敢になるには少し怖がらないと。勇敢になれ。」と父親としてなかなかに深い名言を放ち、愛を伝えながら斧を全力で振り下ろす…!ガラス窓にヒビが入りながらぐんぐんスピードを上げ落下するエレベーターは、果たして家族を無事に下界へ送り届けてくれるのか・・・!?

入念な準備、そしてスタント・コーディネーターのアラン・ポプルトンによる注意深い監視の下で、実際に火をつけて撮影が行われたこのシーン。息子ヘンリーを演じたノア・コットレルは、テーマパークの乗り物のように楽しさと恐ろしさの両方を感じながら「エレベーターのシーンが一番好きだった。楽しかったんだ。火も燃えていたんだよ。転げまわって大騒ぎして、本当に怖かった。ドウェインがセリフで『恐れなくして勇敢にはなれない』っていうんだけど、それが僕を励ますセリフになったんだ」と振り返る。ドウェインの励ましを受けて恐怖と隣り合わせの撮影に打ち勝とうとしたノア・コットレルの純粋な演技によって、父の励ましによって勇敢に危機へ立ち向かおうとするヘンリーの決意がいっそう滲み出る緊張感たっぷりのシーンに仕上がっている。

■『スカイスクレイパー』
9月21日(金)より日本公開
(c) Universal Pictures

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)