海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

独占!話題作『MEG ザ・モンスター』恐怖を体感できる2種のスポット映像を解禁!

『MEG ザ・モンスター』

2018年9月7日(金)より公開となる『MEG ザ・モンスター』
(c) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

海洋パニック・エンターテイメント超大作『MEG ザ・モンスター』。9月7日の日本公開に先駆け、全米初登場1位で断トツの首位を獲得!全世界34か国でもNo.1スタートを切り、全世界興行収入3億ドル突破!ジェイソン・ステイサム主演作の中でも最大のヒット作品ともなった。この度、MEGの恐怖を体感できる2種のスポット映像を解禁!

本作で主演を務めるのは『ワイルド・スピード』シリーズでタフガイぶりを見せつけるジェイソン・ステイサム!“陸では敵なし”の彼が、どのように200万年前に実在したという超巨大ザメ<MEG(メグ)>の攻撃をかわし、生き残りを図るのかというのが、まさに本作の大きな見どころだ。ステイサムの敵となる超巨大ザメが、現代に蘇ったらどのような恐怖を体感できるのか・・・。恐怖を感じる3つのポイントをご紹介。

1.誰でも行く可能性のあるビーチに!!来る、来る、来る!!
約200万年前に絶滅したと考えられていた超巨大ザメ<MEG(メグ)>。実在したサメが絶滅せず今もまだ存在していたら―――。人間が沢山集まるビーチ、MEGにとっては大量の餌が集まる場所に行かないわけがない!近年では、海洋が温暖化してきたことで英国の近海などでは世界の温暖な地域でしか見ることのできないサメが移動する可能性が出てきていると実際に発表されていたり、米国のビーチ付近に現れたりしている。今後本作のようにサメがビーチに出現する可能性も・・・。実際に起こる可能性がある恐怖を映画で体感してみてほしい。

2.悲鳴ごと、飲み込まれる!!超巨大なサメが怖すぎる!!
MEGは約200万年前に絶滅したと考えられており、海水が比較的温暖だった、約1800万年前から約150万年前に実在したとされる最大級のサメ。クジラを捕食していたことが化石から分かっており、咬む力はティラノサウルスの6倍以上あったといわれる。また、体調は23mで、歯の大きさは25cmと平均的な人間のてのひらくらいの大きさであり、時速約150km以上のスピードで泳ぐことができたそう。歯1本が手のひらサイズとなれば、MEGが現代に実在したならば人間は丸呑みされるに違いないだろう。

3.水中で為す術のない恐怖!!
海では呼吸が出来ず、足もつかない。人類が為す術がない水中で、最恐の超巨大ザメが現れたら・・・?人間よりも泳ぐスピードが速く、獲物を狙う超巨大な捕食者に勝つ術はないだろう。ジョン・タートルトーブ監督は、「この映画は、想像したことはあっても、一度も見たことのない世界に観客を連れて行く。でも、それこそが映画の面白さ、映画の醍醐味なんだ」と語り、「でも、もしこの古代生物が現代に生きていることがわかったら? この巨大な野獣が突然解き放たれ、海をうろつき始めたとしたら、海の中では誰も安全ではなくなる。クジラも、サメも、人間も。そして地球上の生態系がどれほどバランスを崩すことになるだろう?」とも述べている。本作では、人類がいまだに征服したことがない海で起きる恐怖が描かれる。今回解禁させていただく映像は、どんなに人類が無力であるかということを感じずにはいられないものとなっているだろう。

果たして、最恐の海洋生物を目の前に、ステイサムは打ち勝つことができるのか!そしてMEGから人類は逃げ切ることはできるのか?その行方に目が離せない!

■『MEG ザ・モンスター』
2018年9月7日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

文:神田 なぎさ

▼映画『MEG ザ・モンスター』TVCM(体感編)【HD】2018年9月7日(金)公開▼映画『MEG ザ・モンスター』TVCM(恐怖編)【HD】2018年9月7日(金)公開

PICKUPオススメ情報(PR)