海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

全米初登場No.1大ヒット!デンゼル・ワシントン『イコライザー2』全国ロードショー決定! 本編映像解禁

『イコライザー2』

マッコール役を演じるデンゼル・ワシントン。

アクション大作『イコライザー』。その大人気作が、『イコライザー2』として、そしてデンゼル・ワシントンのキャリア史上初の続編として、帰ってきた!全米では7月20日(金)に公開され、数多くの話題作を抑え週末興行成績NO.1に輝き、そして日本でもいよいよ10月5日(金)より全国ロードショー。

30年以上、50本以上の出演作を誇るデンゼル・ワシントンが初めて続編に挑戦する本作の監督はもちろんデンゼルと固い絆で結ばれ、これが4本目のタッグとなるアントワーン・フークア。メリッサ・レオ、ビル・プルマンなど前作に出演した俳優陣はもちろん、新たに『キングスマン:ゴールデン・サークル』に出演し話題になったペドロ・パスカル、そして『ムーンライト』で一躍脚光を浴びたアシュトン・サンダースも加わる。

そんな本作より第一弾本編映像が解禁された!異国の装いのマッコールが食堂車内に現れ、“お湯”を頼むところから映像はスタート。言葉が通じない相手だったが同じ車両にいた男性に助けられ、頼んだお湯が出てくると、その男と話をしながら、前作『イコライザー』でもおなじみのマッコールのルーティン、白い包み紙から紅茶のティーバックを取り出す。前作のファンにとってはここから、また何かが始まると期待せずにはいられないこのシーン。そのファンの期待通り、男との会話は核心に迫っていく。男は母親の元から娘を誘拐した誘拐犯であり、その男との会話が終了すると、ストップウォッチをセット、あのフークア監督自らが命名した“イコライザー・ビジョン”で状況を瞬時に把握する。

フークア監督が「彼の心臓の鼓動が遅くなり、瞳孔が拡大することでより多くの光が入ってきて、視覚がさらにシャープになる。彼は瞬時に部屋の中のアセスメントができる。敵の弱点もわかるし、武器がどこにあるかもわかっている。彼にとっては、ペンや紙やクリップボードなどありとあらゆるものが武器になるんだ」と話す通り、電車内にもかかわらず、自分が飲んでいたお茶やポット、相手のナイフを駆使して瞬時に敵を倒していくマッコール。そして最後に誘拐犯本人に「痛みには2種類ある」と畳み掛け、ストップウォッチを止め、話を続ける。あの“容赦ない”【仕事人】が帰ってきたと、ファン垂涎のシーン。この男に正義の鉄槌を下し、救った経緯は何だったのかー。本編ではそのワケも描かれています。このシーン以外にも、今作でもあのマッコールは健在!

■『イコライザー2』
2018年10月5日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)