海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

チューバッカもコメント!『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』記者会見

ハン・ソロ

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
(c)Hollywood News

スターウォーズシリーズ最新作、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日日本公開)。日本公開に先駆けて、本作で監督を務めたロン・ハワード、ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライク、そしてハン・ソロの相棒チューバッカが来日。11日に東京ミッドタウンにて来日記者会見が開かれた。

1977年に公開された一作目から40年以上、世界中で人気を誇る作品『スター・ウォーズ』。ロン・ハワード監督は「挑戦であり、ワクワクするような冒険でもあった」と振り返る。今回作品に監督として関わったことで、『スター・ウォーズ』シリーズがいかに世界中の人々を楽しませているか、その深さを実感したと言う。

黒澤明監督の影響を受けていることでも知られる『スター・ウォーズ』だが、ハワード監督はジョージ・ルーカスとともに、黒澤明とディナーを共にしたことがあるという。当時いくつかアドバイスをもらったが、中でも特に「3者でトライアングルを組んで問題解決をする」というものが非常に役に立ったという。撮影途中で監督をバトンタッチしたハワード監督にとって、今作は厳しいスケジュールやプレッシャーがあり、複雑な挑戦だったとのこと。「キャスリーン・ケネディたちプロデューサー陣、カスダン親子の脚本チームをそれぞれ一人とみなし、3者で取り組むことができた。感謝している」と話していた。

今作はシリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロを描いた作品。3000人のオーディションを勝ち抜いてこの役を獲得したオールデンは、『スター・ウォーズ』でもほかの作品でもプレッシャーは同じだと言う。良い仕事をすること、そして観客を楽しませることに集中して大役に挑んだそう。また今作はCGが少なく、撮影現場でも実際にエイリアンやパペットが動き回り、爆発が起こったとのこと。操縦するミレニアム・ファルコンにはスクリーンに宇宙が映し出され、ディズニーランドのアトラクションの様に楽しむことができたと言う。

そんなオールデンをハワード監督は大絶賛。「これまで『スター・ウォーズ』シリーズは、群像劇だったり、複数のキャラクターがメインに描かれており、一人のキャラクターが映画を背負うのはこれが初めて」「プレッシャーや責任と向き合っており、撮影初日から感服した」と今作で25作目の監督作品になるベテラン監督から見ても素晴らしいとリスペクトの念を言葉にした。

また会見ではチューバッカに、映画の見所を問う質問が投げかけられ、「ウォー」と回答。相棒ハン・ソロを演じたオールデンが翻訳を求められ、「オールデンとの共演」と答えて会場の笑いを誘う場面もあった。

終盤には、今作で声のカメオ出演を果たしたという市川海老蔵が登壇。『スター・ウォーズ』シリーズの大ファンだという海老蔵はシリーズへの愛を語るとともに、オールデンに主演公演『壽三升景清』の隈取りをプレゼントした。

待望の『スター・ウォーズ』シリーズ最新作、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日より全国公開。

■『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年6月29日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c) 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserve

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)