海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ついに謎が明かされる!『メイズ・ランナー最後の迷宮』

『メイズ・ランナー最期の迷宮』

『メイズ・ランナー最後の迷宮』
(c) 2018 Twentieth Century Fox Film

2014年に公開され、全世界を騒然とさせた第1作『メイズ・ランナー』から4年、ついに謎が解き明かされ、シリーズが完結する。

大ヒットシリーズ
このシリーズは、アメリカの小説家ジェームズ・ダシュナーのヤングアダルト向けSFスリラー小説を原作とした大ヒットシリーズ。全シリーズの世界興行収入は10億ドルを越える。第1作『メイズ・ランナー』で、トーマスら記憶を消された若者たちは、閉じ込められていた謎の巨大迷路を決死の覚悟で抜け出した。2015年に公開された『メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮』では、謎の感染症「フレア」に侵された「クランク」と呼ばれる人間たちをかわしながら過酷な砂漠を生き延びた。そして今作、彼らは捕らえられた仲間ミンホを救出するために、これまで必死で逃げてきた、彼らを狙う秘密組織「WCKD(ウィケッド)」の牙城へ自ら乗り込んでゆく。

スケールがさらに壮大に
一作目の巨大迷路、二作目の砂漠に代わり、今作の舞台となるのは巨大なビルが立ち並ぶ未来的な都市と、それとは対照的な荒廃した周辺地域。南アフリカで撮影したというセットは前2作を凌ぐ豪華さでかつ大がかり。冒頭の列車をジャックするシーンでは広大なカラハリ砂漠を、外観にケープタウン国際コンベンション・センターを使用したというWCKDの本部では迷路のような廊下を、トーマスら若者たちが前作同様駆け抜ける。

スリルがさらにアップ
一作目では彼らに立ちはだかる謎の巨大迷路を攻略し、続く二作目では「クランク」と呼ばれるゾンビの脅威が加わり、そして今作ではさらに躍動的に、新たに上下の動きが加わった。高層ビル群を駆け抜けるトーマスらは、走り、戦い、そしてジャンプする。ジェットコースターに乗っているような、躍動感みなぎるスリルを体感することができる。

謎の巨大迷路を攻略し、WCKDの追手から逃げ続けるトーマスらは、果たして無事自由を手にすることができるのか。そして感染症フレアは人類を滅亡させてしまうのか。大人気シリーズのファイナルをぜひ見届けてほしい。

■『メイズ・ランナー:最期の迷宮』
6月15日(金) 全国公開
配給:20世紀FOX映画
(c) 2018 Twentieth Century Fox Film

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)