海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『デッドプール2』ライアン・レイノルズら超豪華キャスト集結!ニューヨークプレミア開催!

『デッドプール2』

ファンらに囲まれるライアン・レイノルズ
(c) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation (c) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上最も過激なヒーローとして、絶大な人気を誇り、ライアン・レイノルズ主演で映画化された『デッドプール』は850億円を超える世界的現象となった。そして遂に、予算もスケールも超グレードアップした全世界待望の続編が、ニューヨークで世界初お披露目となった。

現地時間5月14日に開催された『デッドプール2』のNYプレミアのレッドカーペット。NYタイムズスクエアにも巨大広告が設置され、注目度の高さを表した。レッド・カーペットを取り囲むように、500人以上の熱狂的なファンが集結。しかもそのほとんどがデッドプールのコスプレ姿で参戦!男性ファンだけではなく、女性のファンも特注のデッドプール衣装を纏い、NYのカルチャーの中心を地であるリンカーン・センター一帯は大量のデッドプールに占拠された。

プレミアが始まり、まずレッド・カーペットに登場したのはデッドプールを演じたライアン・レイノルズ。妻で女優のブレイク・ライブリーと共に登場すると、ファンの盛り上がりは凄まじく大歓声が響き渡る!ファッションアイコンとしても注目を集めるブレイクは赤と黒を基調とした「デッドプール」カラーのドレスを着こなし会場を彩った。続いてレッドカーペットにはケーブル役を演じたジョシュ・ブローリン、デッドプールが組織するX-フォースのメンバー、ドミノ役のザジー・ビーツ、デッドプールの恋人役を前作に引き続き演じたモリーナ・バッカリン、デヴィッド・リーチ監督らが次々と登場。会場のヴォルテージは最高潮に達し、キャスト&スタッフたちはファンのサインの求めにも積極的に応じた。

本作で主演だけではなく製作&脚本も務めるライアンは「映画作りの過程は一人だけで行えるものではなく、関係者全員が力を合わせて成し遂げたものだ。関係者全員がデッドプールと共に毎日を過ごしてきて、強い愛着が湧いてきた。デッドプールに対するスタッフの深い愛情がきっと映画に反映されていると思う。だからこそ、とても楽しく映画作りに励むことができたよ。かっこいい答えじゃないかもしれないけど、本心なんだ。デッドプールが大好きさ」と語り、ハマり役であるデッドプールへの愛を語った。

観客たちが、一切の事前情報が明かされなかった超話題作に、驚き、笑い、そして思わぬ感動に酔いしれた。間もなく日本でも行われるレッドカーペットイベントにも期待が高まるばかりだ。

■『デッドプール2』
2018年6月1日 全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(c) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation (c) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
公式サイト:http://deadpool.jp/

『デッドプール2』公開記念!ジャパン・レッドカーペット・セレモニーにご招待!!詳しくはハリウッドニュースTwitterをチェック!

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)